あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ノロウイルスの症状と原因

症状 - どんな症状がでるか

潜伏期間と初期症状

ノロウイルスが体内に取り込まれてから症状が発症するまでの時間は 24~48 時間とされます。この期間を潜伏期間(せんぷくきかん)といます。これは感染はしているものの、ウイルスが活発に活動せず体の中に居座っている(潜伏している)状態のことです。
ノロウイルスの感染による、おもな症状には個人差がみられますが、下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱などがほとんどです。また寒気などを感じるケースもあります。
初期の段階で目立つ発熱は、高くて38度程度で、嘔吐する数時間前から胃がもたれたり、張ったような感じを訴える場合もあります。

進行時の症状

症状は通常、1~2日程度でおさまり、後遺症が残ることもまれです。ただし、免疫の働きが弱い高齢者の方や小児では、症状が長引くことがあります。
ノロウイルスの感染が重篤化する場合の多くは、合併症によるものです。嘔吐したものが喉につまって窒息したり、嘔吐物が肺に入り、肺炎をおこすなどして、死に至るケースも報告されています。
また、感染しても発症しないまま終わる場合や、風邪と同様の症状があらわれるのみの場合も少なくありません。

疫学 - かかりやすさ、かかりやすい人

かかる割合(罹患率)

※現在調査中です

年齢によるリスクの上昇度合

ノロウイルスは、免疫の働きが弱い高齢者の方や小児への感染が目立ちます。それは小児や高齢者の方が、保育園、学校、高齢者施設や病院などで集団感染することが多いためです。実際には、成人も含め、あらゆる年齢に発症するため、誰にでもかかる可能性があるといえます。 症状のみられ方は小児も成人も同じですが、成人は比較的症状が強く、期間が短いといった特徴があるといわれています。

原因や遺伝の影響 - 病気になる理由

ノロウイルスは人間の小腸の粘膜で増殖し嘔吐や下痢などの症状を引きおこします。死滅しにくいウイルスであるとされ、感染した人の嘔吐物や糞便には、1g当たり100万~10億個ものウイルスが含まれているといわれています。また、不十分な汚物処理などから、すぐに集団感染を引きおこします。
ノロウイルス感染の要因は感染経路から、以下のように分けることができます。

経口感染(口を通して感染する)
ウイルスに汚染された飲料水や食べ物(生カキ、二枚貝、生野菜など)を、生のまま、または十分な加熱処理をしないで食べた場合に感染します。また、ノロウイルスに感染している方、または感染した方に触れた方が、十分に消毒しないまま調理したものを食べた場合などに、食品から感染する場合があります。
 
■空気感染(ウイルスを吸い込んで感染する)
大量にノロウイルスが含まれる糞便や嘔吐物が、適切な処理をされずそのまま乾燥すると、空気によって舞い上がります。それを吸いこんでしまうことで感染します。
 
■接触感染(ウイルスと接触することで感染する)
感染者との直接、間接的な接触によりノロウイルスが付着した手で、自分の口や鼻などをさわることによってウイルスが体内に入り感染します。感染した方の糞便や嘔吐物を処理する際に、手指を介して感染することもあります。

分類 - 病気の種類や段階

ノロウイルス感染症について、治療は一般に、あらわれた症状(下痢や嘔吐など)に対し治療が行われるため、その治療法による分類はなされていません。一般に、感染症と感染を引きおこすウイルスや細菌に対し、発症した時の影響がどの程度かによって分類されています。
 
■1類感染症:危険性が極めて高い感染症
■2類感染症:危険性が高い感染症
■3類感染症:集団発生をおこしうる感染症
■4類感染症:人から人への感染はほとんどないが、動物、飲食物などを介して人に感染し、国民の健康に影響を与えるおそれのある感染症
■5類感染症:国、医療関係者が発生、拡大を防止すべき感染症
■新型インフルエンザ等感染症
 
このうち、ノロウイルス感染症は5類感染症に分類されています。

検査 - 病気の特定方法

遺伝子検査 (RT-PCR法) 確定診断

ウイルスの感染を確かめたい時に、そのウイルスの遺伝子を増幅することで確認する検査です。ウイルスに反応する感度や精度が高く、より正確な診断を行いたいときに用いられる検査です。PCRを行う前にRNAからDNAへ逆転写(RT)する手順を加えるとされ、RT-PCR法ともいわれています。
検査に必要な期間は2~3日間です。症状がない場合でもウイルスの検出が可能とされています。
ノロウイルスの場合、感染した方の嘔吐物や糞便からウイルスの有無や、どの程度の量のノロウイルスが含まれているかを機器を使って検査します。RT-PCR法では、ノロウイルスの遺伝子情報をもとに検査を行うため、遺伝子検査ともよばれています。精度と感度が非常に高く、糞便1gにウイルスが100個程度あれば検出が可能です。
検査に必要な期間は2~3日間です。症状がない場合でもウイルスの検出が可能だとされます。

遺伝子検査 (PCR 法) 確定診断

PCR
法にもとづいて行い、さらに簡単で迅速な遺伝子検出を行う検査方法です。時間をかけることなく、感度の高い遺伝子検出を実施できるとされています。また、回復期の方や症状のない方のようなウイルス量が少ない場合でも、検出できる可能性が十分高いとされます。RT-PCRと同じく、リアルタイムPCR法は、ノロウイルスの遺伝子情報をもとに行い、厚生労働省から推奨されている検査法とされています。

酵素免疫測定法 確定診断

検査機器を用いた診断を行う必要があります。おもに、集団感染などを調べる場合に用いられる検査方法です。
RT‐PCR
法などの遺伝子検査法に比べ、比較的低いコストで検査ができますが、一般に検出の程度は、遺伝子検査法に劣るとされています。EIA
法は、ノロウイルスの診断の補助に利用されることが多いです。回復期の方や症状が出ていない方の場合ではウイルス量が少なく検出できない場合があるため、おもに症状のある方に対して行われます。検査では糞便
1g
から約1億個以上のウイルスか排出されるとされます。

感染症迅速検査 (専用キットによる検査) 確定診断

ノロウイルスの有無を簡易的に調べるときに、専用のキットを用いた検査を行う場合があります。短時間で結果が分かるため、集団検診や感染確認に向いています。感染が陽性の場合に変色する測定器具を用いて、短時間で感染の有無を確認できます。コストが安く、結果が早くでるメリットがありますが、感度はPCR法に劣るとされています。また、ウイルスの量が少ない場合は反応しないことがあるので、症状がでていない段階や治りかけの時期では、検出できないことがあるとされます。

ノロウイルスになった人の様子や痛みなどの自覚症状は?

夜、寝ていた娘が突然起き上がり、立ち上がる間もなく嘔吐してしまった。 1回で落ち着くかなと思ったのもつかの間、10分経たないうちにまた嘔吐...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

私は、病院の受付の仕事をしています。 当時、ノロウイルスが流行っていて、私の職場の病院にも1日何人もの患者さんがきていました。 そこから...

(続きを読む)

年末の仕事が終わった元旦の事でした。朝目が覚めたら熱がありとても気持ちが悪かったのです。そしたら妻も全く同じでした。実は1歳の子供が前々日(...

(続きを読む)

予後 - 治療の経過と再発

治療後フォローと再発

感染後に発熱や嘔吐下痢などの症状を発症し、2~3日経過すると、症状は回復に向かいはじめます。
体内のウイルスは次第に感染力も弱くなり、一般的には発症後1週間程度で他の方へウイルスを感染させるような傾向はなくなってくるとされます。
しかし症状が回復傾向にあっても、2~3週間程度はノロウイルスが体内で粘り強く活動するケースもあるため、注意が必要です。この期間は、再発の防止も含め、うがい、手洗い、よく触れるものを消毒などして清潔にする、汚物などを適切に処理する、といった2次感染と再発の防止に取り組むといったことが必要になります。

合併症と転移

ノロウイルスの感染で注意が必要な合併症には、重度の脱水症、嘔吐物による窒息、誤嚥性(ごえんせい)肺炎、脳症などがあります。
ノロウイルスは短期間で軽快し、重症化することは少ないとされていますが、合併症により死亡する例もあります。特に乳幼児と高齢者の方は、体力の低下などから症状が長引くこともあるため、十分な注意が必要です。

ノロウイルスを経験した人からのアドバイス

ミヤBMのような乳酸菌剤の薬は、効果が大きいわけではありませんが、安心して服用できるところが良いと感じました。 ですが...

(続きを読む)

布団の上で吐かれないコトを願うのみですが、最悪、あまりにも嘔吐が酷い時は、洋服などは処分してしまった方が良いと思います。...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

参照元:(最新感染症ガイドR‐Book〈2006〉感染症の実践的なバイブル岡部信彦米国小児科学会日本小児医事出版社2007年,東京都の食品安全情報サイト食品衛生の窓東京都福祉保健局http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/noro/manual.html(閲覧日:2015年9月14日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月14日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

治療ノートの編集方針

更新日:2016年12月27日

ノロウイルスの体験談

みんなの症状について