あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ノロウイルスの予防療法の体験談

ノロウイルスの「予防療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、ノロウイルスの予防療法を経験された方の体験談を掲載しています。
自力で水分を摂ることができず、飲んでも吐いてしまう為、点滴により水分を補うことが必要でした。 (30代女性)」や「医師に吐き気止めを飲むのは良くないと言われたので。止めると中に菌も留めることになるとのことで、納得した。また水ですら飲むと吐いてしまったがOS1やポカリスエットなどは体液と同じで唯一受け入れれたので3日ほどそれだけ摂取して過ごした。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全47件

予防療法とは

下痢と嘔吐が続くと、体内の水分が失われ、脱水状態になってしまいます。脱水症状が進むと、喉が渇くだけでなく、眠気、意識障害、けいれん発作、血圧の低下などをひきおこす場合があります。
そのため、ノロウイルスに感染した場合、脱水予防が重要とされます。ごく少量(水の分量の0.9%程度)の塩を加えた水やスポーツ飲料などで水分補給することが理想的だとされます。おかゆや果物などから水分を摂取することも効果的です。
また、水分補給をしていても、それ以上に下痢や嘔吐がひどい場合や、水分補給ができない場合は、病院を受診し、点滴などにより水分の補給を行う必要があります。

予防療法の詳細はこちら

更新日:2016年04月26日

ノロウイルスの体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす