あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

ノロウイルス

ノロウイルスとは

ノロウイルスは、非細菌性の急性胃腸炎(胃や小腸などの消化器を中心に炎症をおこし、下痢や嘔吐、腹痛などをともなう症状がみられる病気のこと)を引きおこすウイルスです。毎年11月頃から増加し始め、12月~1月頃にピークを迎え、3月頃まで流行がみられます。
ノロウイルスは、カキなどの貝類を食べることによる食中毒の原因になります。また、感染した方の糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥し空気に乗って舞い散るウイルスなどを介し、経口感染します。ノロウイルスによる集団感染は日本各地の学校や施設などで幅広く発生がみられています。
またノロウイルスについては、研究する方法がまだ確立されていないので、検査や治療方法に関する研究が他のウイルスと比べ、遅れているというのが現状です。

症状と原因

ノロウイルスが体内に取り込まれてから症状が発症するまでの時間は 24~48 時間とされます。この期間を潜伏期間(せんぷくきかん)といます。これは感染はしているものの、ウイルスが活発に活動せず体の中に居座っている(潜伏している)状態のことです。
ノロウイルスの感染による、おもな症状には個人差がみられますが、下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱などがほとんどです。また寒気などを感じるケースもあります。
初期の段階で目立つ発熱は、高くて38度程度で、嘔吐する数時間前から胃がもたれたり、張ったような感じを訴える場合もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

現時点で、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤などの薬はありません。そのため有効な予防接種などもなく、ノロウイルス感染症の治療では、自然治癒力による回復を積極的に考え、安静第一に行います。対症療法といって、みられる症状に対する治療(発熱に対して解熱をうながす、脱水に対して水分補給をうながすなど)がおもな治療となります。

更新日:2016年07月08日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす