あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腎性尿崩症

腎性尿崩症とは

抗利尿ホルモンの分泌は正常に行われますが、腎臓での抗利尿ホルモンの受容体が正しく反応できなくなるため、尿が濃縮されず、薄い尿がたくさん出てしまう病気です。
通常、腎臓では、脳から分泌される抗利尿ホルモンに反応して、尿量を調節して体内の水分量を保っています。原因のほとんどは、先天的な遺伝ですが、まれに薬や腎臓に障害をあたえる病気の影響によってもおこることがあります。
尿がたくさんでる病気には、他にも脳からの抗利尿ホルモンが正しく分泌されない中枢性尿崩症や精神的な理由でたくさん水を飲んでしなう心因性多飲、血糖が高い状態が続く糖尿病などがあるため、それらとの鑑別が重要とされています。

症状と原因

胎児期:羊水過多
新生児期:哺乳力不良や体重増加不良のほか、生後数日で脱水による発熱と嘔吐、けいれんをおこし、血中のナトリウム値が上昇るもの
幼児~成人:極度ののどの渇きによる多飲、多尿があり、また、夜間尿の増加や夜尿症などがおこる

体験談

体験談を見るにあたって

遺伝性の場合、根治できる治療法がないため、高度脱水や高ナトリウム血症をおこさないよう水分摂取と塩分制限で予防が行なわれます。
成人の場合では、口渇感を感じた際はすぐに水分摂取で対処することで、重い合併症につながることはありません。一方で、乳幼児や高齢の方は、自分で水分摂取ができない、口渇感を訴えられないといった場合に、重症化することがあるため注意が必要です。
とくに、乳幼児は、精神発達や身体発達に影響があらわれることがあるため、小まめに水分摂取を行う必要があります。

症状に合わせてサイアザイド利尿薬や非ステロイド抗炎症薬で対象療法を行うことがありますが、どれも十分な効果があるとまではいえないといわれています。軽症の場合では、抗利尿ホルモン剤の多量投与で症状が改善されることもあります。
こうした個々の症状や年齢などをきちんと考慮し、からだに合わせて医師と相談しながら対処していく必要があります。

そのほか、薬や他の病気が原因である場合は、薬の中止と原因疾患の治療を続けながら対象療法が行なわれます。

更新日:2016年09月23日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす