治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

マイコプラズマ肺炎の体験談

ジスロマックでは効かないケースにもオゼックスであれば効くとのお話を伺ったのと、ジスロマックのような苦みがないため子供に飲みやすいとのことでしたので、より確実かつ子供に飲ませやすい方を選択しました。

患者との関係:家族患者:10代以下男性治療時期:2015年9月
ニューキノロン系抗菌薬オゼックス細粒小児用15%

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎とは、マイコプラズマという微生物によって引きおこされ、気管支や肺胞の外部にある間質という組織で炎症をおこす病気です。普通の肺炎とは違い、聴診器で呼吸音を聞いても異常がなく、しつこい咳と頑固な発熱が特徴です。学校に通う子どもなどの間で流行しやすく、成人までに97%がマイコプラズマの感染を受けているといわれています。また、マイコプラズマ肺炎と診断された場合、医師の許可が下りるまで通勤、通学ができません。

マイコプラズマ肺炎の症状

満足度

子供が嫌がらずに薬を飲むことが出来ましたし、内服後2日程で平熱まで熱も下がりましたので、大変満足しております。

副作用

治療履歴

2015年9月
セフジニル細粒小児用10%
1日3回4日分
上記処方の3日後
オゼックス細粒小児用15%
1日2回4日分

病気と症状について

突然、「頭が痛い」というので熱を測ったところ、38℃の発熱があり受診。咳も多少ありましたが、もともと喘息で鎮咳・去痰剤や気管支拡張剤が処方されていたため、セフェム系抗生剤のセフジニル細粒小児用10%を4日分追加処方していただき、様子を見ることになりました。
抗生剤内服するも、日中は37℃台まで下がるものの夕方以降38℃台の熱が続き、夜間の咳が悪化し、咳で眠れなくなりました。食欲もなく辛そうなため、3日後に再受診しました。
そこで、綿棒で喉をこする簡易検査でマイコプラズマ陽性反応があり、ジスロマックより効果があるとされている薬があるので、そちらでマイコプラズマとして治療していきましょう、とのことでオゼックス細粒小児用15%を4日分処方されました。
血液検査の結果、炎症反応の数値が1桁だったため、さほど重症ではないので入院の必要はないとのことでした。炎症反応が2桁になると入院加療が必要だそうです。

参考:マイコプラズマ肺炎にかかった他の人の症状は...?

1週間ほど咳が続き、のどが赤く腫れてしまいました。授乳中のた...

(続きを読む)

私は、マイコプラズマ肺炎になったことがあります。 高熱が出...

(続きを読む)

マイコプラズマ肺炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜニューキノロン系抗菌薬(抗生物質)を選んだか

ジスロマックでは効かないケースにもオゼックスであれば効くとのお話を伺ったのと、ジスロマックのような苦みがないため子供に飲みやすいとのことでしたので、より確実かつ子供に飲ませやすい方を選択しました。

参考:他の人がニューキノロン系抗菌薬を選んだ理由は...?

とにかく咳が辛かったことと、子供にうつしてしまわないためにも...

(続きを読む)

治療法とて抗生物質の投与によるものがよいということでしたので...

(続きを読む)

他の人がニューキノロン系抗菌薬を選んだ理由をもっと読む

ニューキノロン系抗菌薬とは

ニューキノロン系抗生物質にはクラビット、タリビット、オゼックスなどがあります。マクロライド系抗生物質が効かない場合では薬により差はありますが、7日~14日ほどニューキノロン系抗生物質を使うことが多いとされています。

「ニューキノロン系抗菌薬」の概要

ニューキノロン系抗菌薬(抗生物質)の効果について

内服を始めた翌日には、37℃台まで下がり、食欲も出てきました。夜間の咳は続いていましたが、眠れないほどではなくなりました。さらにその翌日には平熱まで下がり、咳は残るものの日中元気に過ごせるようになりました。

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の効果は...?

薬を吸引し始めた初日から効果が出て、咳の辛さが軽減されました...

(続きを読む)

熱が出て始めは風邪と思い込んでいましたが、レントゲンをとって...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の効果をもっと読む

治療期間

内服は4日間飲み切りで終了しましたが、登校許可がおりた後も、1週間は運動を控えるように言われました。

治療に関する費用

医療費助成があるため、かかっていません。

副作用について

ありませんでした

参考:他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の副作用は...?

特にありませんでした。...

(続きを読む)

他の薬との飲み合わせが原因だったのもしれませんが、身体にかゆ...

(続きを読む)

他の人が感じたニューキノロン系抗菌薬の副作用をもっと読む

マイコプラズマ肺炎を患っている方へのアドバイス

マイコプラズマには効果があるとされている抗生剤が限られていますので、抗生剤を使用しても熱が下がらない、徐々に特に夜間の咳がひどくなるようでしたら、早めの受診をおすすめいたします。夜間の咳がひどいときは、頭を少し高めにして寝ると多少楽なようです。

参考:マイコプラズマ肺炎を経験した他の人のアドバイスは...?

最初は喉の風邪だと思うかもしれませんが、うがい薬やのど飴でも...

(続きを読む)

点滴も注射も嫌いな人は、沢山いると思います。何にしろ、点滴注...

(続きを読む)

マイコプラズマ肺炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年01月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

マイコプラズマ肺炎の体験談をもっとさがす

ニューキノロン系抗菌薬(抗生物質)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす