あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

多発性硬化症(MS)

多発性硬化症とは

全身に指令を送りだす、神経系統の中心的な部分である中枢神経の白質という箇所に炎症がおこる病気です。さまざまな神経症状の再発と軽快を繰り返すことや新型、旧型の入り交じった複数の病変が白質の中にあること、疾病による障害がゆっくりと進行することなどから多発性であることが特徴とされています。
神経細胞の信号を伝える上で重要な髄鞘(ずいしょう)という部位が失われる脱随性疾患(だつずいせいしっかん)に分類されます。この疾患は一般的には、末梢神経(まっしょうしんけい)には障害をおよぼさないとされています。

症状と原因

特徴的な初期症状はないとされていますが、視神経の炎症による視力の低下や、視野の中心に見えない領域が生じる中心暗点(ちゅうしんあんてん)などの視野異常が比較的多いとされています。
この他に、四肢、体幹、顔面などの部分的な感覚異常や下肢や手の筋力の低下、細かい作業の出来にくさから症状がはじまる場合もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

症状が急速に悪化した場合、短期で回復させる為にはステロイドの投与が行われますが、ステロイドが効果を示さなかった場合には、透析器を使用し、体外で血液から有害物質を取り除く血液浄化療法(けつえきじょうかりょうほう)が行われます。
軽快後の再発と症状の進行の予防には、生物学的製剤(せいぶつがくてきせいざい)であるインターフェロンベータ(IFNβ)の投与や免疫抑制剤の投与が行われます。近年では、注射剤であるIFNβに変わり飲み薬として、フィンゴリモドの有効性が注目されています。
手足の筋肉がつっぱる痙縮(けいしゅく)や頻尿、排尿困難、痛みやしびれをともなう痙攣(けいれん)が後遺症としておこる場合がありますが、これらの個々の症状に対しては薬物による対症療法が行われます。また、運動機能の維持のためにも、リハビリテーションも重要な治療の一環となります。

更新日:2018年11月16日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす