あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の間接血行再建術(EDAS、EMAS)の体験談

もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)の「間接血行再建術」に関する体験談をまとめています

このページでは、もやもや病の間接血行再建術(EDAS、EMAS)を経験された方の体験談を掲載しています。
難しい手術ではないと聞いていましたが、負担は大きく、その後のカテーテル手術などは腰が痛くて痛くてたまりませんでした。手術初期は手足もしびれたり、言語障害がでていましたが、1か月の入院後は歩いたり、絵を描いたりともとの生活をこなすことができるようになりました。(リハビリ) (30代女性)」や「3回の手術で1番多くした手術法だったため。また、体への負担が軽かったのか、術後は比較的早く動くことができました。 (10代以下女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-4件目を表示/全4件

間接血行再建術(EDAS、EMAS)とは

血流が足りている頭蓋外の組織を、血流が足りない脳の表面と接触させることにより、自然に新しい血管が生えるのを待つ手術です。全身麻酔で行います。
脳の表面に接触させる組織の種類によって、EDASやEMASなどに手術の名称が変わります。

間接血行再建術(EDAS、EMAS)の詳細はこちら

更新日:2017年09月12日

もやもや病の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす