あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

抗てんかん薬もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)

概要

てんかん型のもやもや病で、てんかん発作を抑えるために抗てんかん薬を内服します。

他の治療法に比べての優位性

薬を服用するだけのため本人の負担が軽くなります。

留意すべきこと

症状が急速に進行する方の場合は脳梗塞をおこし永続的な障害を残す恐れがあるため、早期に外科治療を検討する必要があります。

副作用と対策

眠気

眠気やだるさ、めまい、ふらつき、運動機能への影響があらわれることがあります。

車の運転や機械の操作は控えましょう。医師と相談した上で、あまりにも眠気がある場合には、眠気のでにくい薬に変えることもあります。副作用による症状そのものは薬の減量、中止によって回復するといわれています。

薬疹

からだの広範囲にじんましんがあらわれる場合があります。また全身の皮膚のただれ、目、口、陰部周囲の皮膚の炎症が生じる重篤なものもあり、目に後遺症が残ることもあります。

症状があらわれた場合は医師に相談しましょう。薬の減量や中止が検討されます。また皮膚の症状により抗炎症作用を持つ薬物治療が行うこともあります。

血球減少

造血器官である骨髄の造血作用が抑えられるため、血液中の細胞が減少することがあります。白血球が減少した場合は感染症にかかりやすくなり、赤血球が減少すると貧血の症状がでることがあります。血小板が減少した場合は、出血しやすくなるといった症状があります。

気になる症状がみられた場合、医師に相談するようにしましょう。また、定期的に行われる血液検査によっても発見される場合があります。 とくに、骨髄抑制をきたしている間は、感染症にかかりやすいため、風邪をひかないように注意したり、傷みやすい食物をとることもさけましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

難病に指定されているため、都道府県に申請することで治療費は最大でも月額23,100円となります。

一般的な所要時間

※現在調査中です

適用される患者

軽い痙攣発作や頭痛のみの方、虚血型および出血型の方でてんかん発作がある方

症状が重い方

更新日:2015年09月03日

参照元:(脳卒中治療ガイドライン2015日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会協和企画2015年,慶応義塾大学病院医療・健康情報サイトhttp://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000326.html(閲覧日:2015年8月7日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月7日))