あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

間接血行再建術(EDAS、EMAS)もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)

概要

血流が足りている頭蓋外の組織を、血流が足りない脳の表面と接触させることにより、自然に新しい血管が生えるのを待つ手術です。全身麻酔で行います。
脳の表面に接触させる組織の種類によって、EDASやEMASなどに手術の名称が変わります。

他の治療法に比べての優位性

手術手技が簡便なため、小児の方に直接血行再建術と併せて行われることが多いです。 直接血行再建術よりも広範囲の血行改善が可能です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

「もやもや病」の診断と治療は、日本で多くの実績があります。その結果、子供のもやもや病に適切な吻合術が行われた場合、その経過が良好です。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

新しい血管のつながりができるまで、数週間から数ヶ月かかります。場合によっては新しい血管のつながりができないことがあります。

実際に感じた効果

記憶にあるものが、バイパス手術、MRI、カテーテルです。MRIは産後で体があちこち痛いのに頭にピーガーうるさい装置あてられて、気を失いそうなくらいきつかったです。 バイパス手術は全身麻酔前にこのまま死ぬんだろうか・・・と胸にぐっとくるものがありました。起きたらすごい吐き気でぐわーっと吐いて、ああ、生きてると実感しました。 カテーテルは注射がまず痛いのと、もやもや病で血管が細いからなのか、造影剤をあたまに流す時にバットで頭を殴られたような痛みがバアッとひろがる感覚がものすごい痛くて、痛いです、やめてくださいと何度もお願いしました。 その後4時間安静にしなければいけないのが地獄でした。腰は動かせなくて痛いし、頭もいたいしで、早く帰りたくて本当につらかったです。
1度目の術後はまだ1度目ということもあり、発作の頻度はあまり変わりませんでした。 ですが2度目の術後は比較的発作の頻度も減り、安定しました。 3度目は事実上手術は切開したができていない状態なため変化はなく。 現在は約1ヶ月に1回の頻度で発作が起きています。
「もやもや病」の診断と治療は、日本で多くの実績があります。その結果、子供のもやもや病に適切な吻合術が行われ、その経過が良好であります。 神経障害や知能障害、後遺症を残すことはありませんでした。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

副作用と対策

脳梗塞

急激に脳への血液の流れ方の変化がおきた場合や、貧血になることにより、脳梗塞がおこる危険があります。脳梗塞がおきると、言語障害や半身麻痺、痺れなどの症状が一過性でおきる場合や、症状によっては永続性に残る事があります。麻酔中に脳の血流が減少し、脳梗塞をおこすこともあります。特に血行再建を行った脳に充分な血液が流れるようになるのは術後1~3ヶ月してからなので、その間は注意が必要です。小児の場合は術後に泣くことや、過呼吸をおこすために脳梗塞をおこす場合があります。

術後1~3ヶ月は容体に注意して観察し、自覚症状があらわれた場合はすぐに病院で医師の診察をうけましょう。

縫合不全

頭の皮膚の血流が悪化し、一部血管をはがした部分の皮膚の状態が悪くなることにより、脱毛や縫合不全が発生する事があります。

脱毛は、一般的に手術後数週間から数か月であらたな髪が生えてくることもありますが、生えないままになる場合もあります。周りの髪の毛が伸びてくれば、気にならなくなることが多いとされます。また、縫合不全に関しては、必要に応じて、形成外科医の協力のもとに皮膚の縫合を行うことがあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

術後1年間ぐらいは安定していなかったように思います。上記のように術前よりひどい症状が出たときは怖かったです。
手術後は足の圧迫装置が痛くて、切った頭も痛いし、拘束されているようだった。痛み止めは6時間に1回しかもらえず、痛いと言ってももらえなかった。氷枕でしのいだ。38度の熱が出た。 手術後のシャンプーが2週間後で頭が痒かった。血をとるためにホチキス箇所をぐりぐりされた。泣いて耐えた。 起き上がれないのと、しゃべれないのが精神的にきつかった。リハビリで徐々にできるようになるのはうれしかった。その当時乳飲み子がいたので、薬やらなんやらでお乳をあげれないのがつらかった。会えないのもつらかった。 何本も刺されて、注射針が痛かった。

費用

難病に指定されているため、都道府県に申請することで治療費は最大でも月額23,100円となります。

一般的な所要時間

手術後2~3週間で退院できます。

適用される患者

小児型の方

成人や出血型の方にはあまり効果がみられません

更新日:2015年09月03日

参照元:(脳卒中治療ガイドライン2015日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会協和企画2015年,慶応義塾大学病院医療・健康情報サイトhttp://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000326.html(閲覧日:2015年8月7日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月7日))

体験談をさがす

間接血行再建術(EDAS、EMAS)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす