治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

更年期障害の体験談

病院へ行くたびカウンセリングを受けていたが話を聞いて貰うだけで効果や実感はわかなかった

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2016年4月
カウンセリングカウンセリング

更年期障害とは

加齢により卵巣の機能が低下したり、外科手術により卵巣を摘除することで、女性ホルモンの量が減少することがあります。すると、自律神経のバランスがを乱されることで、精神的、身体的にさまざまな不調があらわれる病気のことを更年期障害といいます。症状としては、手足の冷え、動悸、不眠、イライラする、顔がほてり汗がたくさんでるなど、さまざまなものがあります。また、環境の変化などのストレスが原因となって症状が悪化することもあります。

更年期障害の症状

満足度

結局効果もなく何もかわらずたったのでお金と時間の無駄だと思い病院へ通うことをやめたから

副作用

治療履歴

更年期では薬は処方されていない

病気と症状について

他のことで病院に通っていてイライラや不眠、精神的不安定な症状や状態を伝えていたら更年期の可能性もあると伝えられた。症状自体は重くなかったため更年期として診断は受けなかったので更年期の説明は受けていない。

参考:更年期障害にかかった他の人の症状は...?

病院で治療していないが、去年9月ごろから体調が悪くなり、自分...

(続きを読む)

生理が酷くで婦人科受診して、むくみや貧血がひどく、治療してま...

(続きを読む)

更年期障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜカウンセリング(精神療法)を選んだか

病院へ行くたびカウンセリングを受けていたが話を聞いて貰うだけで効果や実感はわかなかった

参考:他の人がカウンセリングを選んだ理由は...?

更年期の知識が無かったので勉強したかったからです。どんな体操...

(続きを読む)

市販の鎮痛剤などをのんでいる。...

(続きを読む)

他の人がカウンセリングを選んだ理由をもっと読む

カウンセリングとは

イライラや不安などの精神的症状が強い場合や、心理的な要因により不眠などの身体的症状があらわれる場合など、カウンセリングを行うことで、それらの症状を緩和することを目的とした方法です。
今の悩みをうちあけたり、前向きに物事を考えるようにするなどすることで、ストレスをうまく発散させることが重要とされています。

「カウンセリング」の概要

カウンセリング(精神療法)の効果について

毎日の食事や寝る時間などを書いてくるという宿題みたいなものを提出しないといけなかったので少ししんどく感じる時はあったけど、普段気付かないことを気づけたし見られるっていうことで気をつけようという意識が芽生えてたような気がする。

参考:他の人が感じたカウンセリングの効果は...?

市販の鎮痛剤などを使用しているので飲めば痛みは消えます。...

(続きを読む)

サプリメントなので効き目は穏やかでした。 最初の1ヶ月はあ...

(続きを読む)

他の人が感じたカウンセリングの効果をもっと読む

治療期間

半年

治療に関する費用

カウンセリング:20000

副作用について

更年期のための薬は処方されなかったので副作用はなかった

参考:他の人が感じたカウンセリングの副作用は...?

薬は飲まなかったので副作用は有りませんでした。...

(続きを読む)

市販の鎮痛剤などを使用していますが副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたカウンセリングの副作用をもっと読む

更年期障害を患っている方へのアドバイス

更年期についての知識があまりなくて、周りの方から聞くと意外と家族がそうだったという話を聞くことがあったので不安が少し軽減された。でも人によって症状が違うみたいなので参考にしきれないのがこまったかなと。とりあえず普段の生活習慣が大事だということはわかった。

参考:更年期障害を経験した他の人のアドバイスは...?

血圧が上がらないようになったらいいが、不安で眠れないことなど...

(続きを読む)

生理が酷いと貧血にはなるし、普通の生活中でも、服を汚してしま...

(続きを読む)

更年期障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月13日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

更年期障害の体験談をもっとさがす

カウンセリング(精神療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす