あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更年期障害の体験談

費用が掛からず、漢方薬で、身体に急激な負担が来ない為、通院機会も少なくて済むから。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2016年11月

更年期障害とは

加齢により卵巣の機能が低下したり、外科手術により卵巣を摘除することで、女性ホルモンの量が減少することがあります。すると、自律神経のバランスがを乱されることで、精神的、身体的にさまざまな不調があらわれる病気のことを更年期障害といいます。症状としては、手足の冷え、動悸、不眠、イライラする、顔がほてり汗がたくさんでるなど、さまざまなものがあります。また、環境の変化などのストレスが原因となって症状が悪化することもあります。

更年期障害の症状

満足度

漢方薬のため、症状が改善されるのが時間がかかる。

副作用

治療履歴

2016年11月から
ツムラ加味しょうようさん

病気と症状について

気分的に落ち込む事が多くなり、やる気をなくし、不眠を訴えた所、検査を行っても
特に問題が無かった為、かかりつけ師より婦人科を紹介され、再度受診した所、更年期障害と診断され、漢方薬の使用で症状が改善されると説明を受けた。

参考:更年期障害にかかった他の人の症状は...?

頭痛が1週間ずっと続き、辛くて鎮痛剤を飲んでも全然効かなくて...

(続きを読む)

病院で治療していないが、去年9月ごろから体調が悪くなり、自分...

(続きを読む)

更年期障害にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ漢方薬を選んだか

費用が掛からず、漢方薬で、身体に急激な負担が来ない為、通院機会も少なくて済むから。

参考:他の人が漢方薬を選んだ理由は...?

自分で漢方を処方してくれる町医者を探して漢方薬で治療したい旨...

(続きを読む)

女性ホルモンだけでは、めまいが止まらなかったので、漢方も処方...

(続きを読む)

他の人が漢方薬を選んだ理由をもっと読む

漢方薬とは

ホルモン療法が向かない方や、ホルモン療法を希望しない方、症状が軽い場合などに漢方薬を服用する治療法です。効き目は穏やかで、副作用も少なく長期的に服用できるとされています。
当帰芍薬散という漢方は冷え性、貧血、浮腫などの症状に、加味趙遥散という漢方は疲れやすさ、不眠、イライラなどの症状に、桂枝茯苓丸は、ほてりなどの症状に有効な漢方薬とされています。

「漢方薬」の概要

漢方薬の効果について

診断を受けてから加味逍遥散という薬を2.5gを処方されるが、あまり症状は改善されていないので。診断前の症状に悩んでいる。

参考:他の人が感じた漢方薬の効果は...?

背中全体にあった湿疹が半分以下に減り、かゆみも我慢できないほ...

(続きを読む)

診断を受けてから、一年後ぐらいに当帰芍薬散の漢方も処方しても...

(続きを読む)

他の人が感じた漢方薬の効果をもっと読む

治療期間

治療期間:6か月

治療に関する費用

薬剤:4000円(1か月分)

副作用について

副作用はなかったが、症状は改善されていない。

参考:他の人が感じた漢方薬の副作用は...?

副作用はお腹がゆるくなるていどで特に大きな体の変調はありませ...

(続きを読む)

漢方を飲み始めてから、お通じが少しゆるくなった。...

(続きを読む)

他の人が感じた漢方薬の副作用をもっと読む

更年期障害を患っている方へのアドバイス

年齢により、症状の酷さは異なると思うが、多くの人が避けて通れない病気であることだと思う。症状が出た場合は、早めに医療機関を受診して、症状の軽減になる治療法を医師と相談する必要性がある。また、無理をせず、症状が酷い時は、身体を休ませることも必要であると思う。

参考:更年期障害を経験した他の人のアドバイスは...?

体調に異変が出て来た時に、早い目に婦人科に通う事で、もっと早...

(続きを読む)

血圧が上がらないようになったらいいが、不安で眠れないことなど...

(続きを読む)

更年期障害を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年12月05日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

更年期障害の体験談をもっとさがす

漢方薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす