治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

SSRI(抗うつ薬、選択的セロトニン再取込み阻害薬)更年期障害

概要

抗うつ薬の一種であり、うつ症状が強い方に主に用いられます。憂うつな気分や不安感をやわらげて気持ちを楽にする効果がある薬です。飲み薬を服用することにより、治療を行います。

他の治療法に比べての優位性

三環系抗うつ剤などと比べると、副作用は少ないとされます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

他の薬より副作用がすくなく、効果をかんじたからと、生活のへの支障がましだったから

留意すべきこと

飲みはじめに、はきけや下痢をおこすことがあります。その他の副作用として、頭痛、眠気、胃や肝臓などの消化器への影響を及ぼすことがあります。また、性欲低下といった性機能に影響を与える場合もあります。

実際に感じた効果

薬を飲み始め、二週間ほどは副作用でかえってしんどく寝たきりに、10日程で元の体調不良くらいになり3週間くらいで体調不良がましになり起きれるようになった

副作用と対策

食欲不振

薬の服用により、食欲が低下する恐れがあります。

栄養補助食品を利用したり、気分の良い時に食べられるものを探すようにしましょう。また、それらが分からない時は医師や看護師に相談するようにしましょう。

眠気

眠気やだるさ、めまい、ふらつき、運動機能への影響があらわれることがあります。

車の運転や機械の操作は控えましょう。医師と相談した上で、あまりにも眠気がある場合には、眠気のでにくい薬に変えることもあります。副作用による症状そのものは薬の減量、中止によって回復するといわれています。

吐き気

消化器系へ影響をおよぼし、食欲の低下や吐き気をもよおします。

医師と相談し、吐き気止めの併用や、薬の量の調整などを行いながら服用してください。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

吐き気、眠気・だるさ・便秘・体調不良など

費用

※現在調査中です。

実際にかかった費用

診察付き二回いちどに2000円くらい 薬剤 睡眠薬や胃薬もふくめ6000円くらい

一般的な所要時間

症状が治まるまで長期で治療を行います。

適用される患者

抑うつ症状などの精神神経症状が中心の方
※肝臓や腎臓の悪い方、高齢の方、緑内障、心臓病のある方などは、慎重に薬を使用する場合があります。

更新日:2016年10月26日

参照元:(産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2014(201-204p)日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2014.pdf(閲覧日:2016年2月8日),ホルモン補充療法ガイドライン2012日本産科婦人科学会2012年5-6p,産婦人科の実際Vol.51No.1金原出版2002年13-22p,日本医師会雑誌第145巻第1号日本医師会2016年45-48p,産婦人科治療Vol.96No.6永井書店2008年 ,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。