治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

生活習慣の改善更年期障害

概要

体操や運動、バランスの良い食事、音楽などでリラックスし、体の調子を整えることで症状の改善を目指す方法です。

他の治療法に比べての優位性

更年期障害の症状をやわらげるだけでなく、その他の病気を未然に防ぐためにも、食生活を改善したり、運動を行いストレスを解消するなど、日常生活における改善をはかることが有効とされています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

くすりでの治療より毎日の生活の環境であったり精神力を変えることが重要と思いました。
特に医師に何もすすめられなかったので、生活習慣を見直すことくらいしか選択肢にありませんでした。
疲れがたまったり寝不足が続くとめまいがするので、ひどくなってから治療しても一週間ぐらいかかるのでならないようにきをつけている

留意すべきこと

運動をしたり休養するなどの生活改善により一時的に症状がやわらぐこともありますが、気になることがある時は我慢せずに、医師に直接相談をしたうえで、適切な治療を受けるようにしましょう。

実際に感じた効果

生活改善療法。 規則正しい生活。バランスの良い食事。サプリメントやトクホや生要約、漢方薬に一切頼らない。 運動による快適な睡眠。良く笑うこと・・・・それによって、体力が増し、心も快適になり、心身ともに健全化できた。

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

針を刺してすぐには変わったことはありませんでしたが、1ヶ月くらいで体が軽くなり汗があまり出なくなりました
気分を変えて生活のリズムを整えることが一番と犬を飼って散歩をたくさんしました。 最初は涙がよく出ていましたがいつのまにか犬がくすり替わりでした。

実際に感じた副作用

病院ではめまいがひどい時だけ薬をもらっているし、他に飲み続けている薬がないので副作用もない。
2011年11月、コロヘルサーR100mgを服用して、顔や耳が紅潮、頭もガンガンした。

費用

※現在調査中です。

一般的な所要時間

症状が治まるまで長期で治療を行います。

適用される患者

すべての方

更新日:2016年10月26日

参照元:(産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2014(201-204p)日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/gl_fujinka_2014.pdf(閲覧日:2016年2月8日),ホルモン補充療法ガイドライン2012日本産科婦人科学会2012年5-6p,産婦人科の実際Vol.51No.1金原出版2002年13-22p,日本医師会雑誌第145巻第1号日本医師会2016年45-48p,産婦人科治療Vol.96No.6永井書店2008年 ,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月8日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

生活習慣の改善の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

生活習慣の改善についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす