あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

更年期障害

更年期障害とは

加齢により卵巣の機能が低下したり、外科手術により卵巣を摘除することで、女性ホルモンの量が減少することがあります。すると、自律神経のバランスがを乱されることで、精神的、身体的にさまざまな不調があらわれる病気のことを更年期障害といいます。症状としては、手足の冷え、動悸、不眠、イライラする、顔がほてり汗がたくさんでるなど、さまざまなものがあります。また、環境の変化などのストレスが原因となって症状が悪化することもあります。

症状と原因

更年期障害は社会的、環境的、心理的要因が関係するため、個人によって症状がさまざまといわれています。閉経前後に発症することが多く、主な症状としては、のぼせや、ほてり、頭痛、めまいなどの自律神経の乱れによるものが多くみられることがあります。ホットフラッシュといい、ほてりやのぼせ、急激にからだが熱くなり、汗が多量にでるなどの症状があらわれることもあります。また、精神的な症状としては、情緒不安定になったり、うつ病やヒステリーなどをおこすこともあります。そのほか、手足の冷え、動悸、不眠、頭痛、めまい、倦怠感、いらいらするなどのさまざまな症状があらわれることがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

主な治療法としては、ホルモン補充療法、漢方療法、向精神薬療による治療法などがありますが、更年期障害をひきおこす主な原因は女性ホルモンの減少によるため、少なくなった女性ホルモンを補うホルモン補充療法が最も有効な治療法とされます。一般によく行われている方法としては、飲み薬やパッチ剤により女性ホルモンを補う治療法とされています。
しかし治療にあたっては、自律神経症状や精神症状によるものなど、更年期障害の症状が多岐にわたるため、症状やその要因を考慮した治療法を決めることが重要とされます。例えば、症状が多彩で一定しない場合は漢方療法を行います。また、精神神経症状が強い場合には向精神薬を用います。そのほ

更新日:2017年07月04日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす