あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

巨赤芽球性貧血(悪性貧血)

巨赤芽球性貧血とは

骨髄にある赤芽球(幼若な血液細胞)が分裂異常をおこし、未熟で巨大な核でできた「巨赤芽球」を作りますが、造血することなく骨髄内で死滅するため貧血になります。原因はビタミンB12や葉酸の欠乏といわれています。ビタミンB12の吸収は胃が大きく関係しているため、胃を切除した際に引きおこされることもあります。骨髄の中に大きな赤芽球が形成されると白血球や血小板も減少します。このことから悪性貧血ともいわれ、進行していくと神経症状や様々な症状が全身に出てきます。

症状と原因

疲れやすさや頭痛、息切れなどがみられます。

体験談

体験談を見るにあたって

不足していると考えられているビタミンB12や葉酸を補給していくことが絶対的な治療になります。葉酸とビタミンB12のどちらが不足しているかは血液検査によって確認することができます。
ビタミンB12の吸収を阻害する要因がある場合には、阻害する要因の影響を受けないために、経口投与ではなく筋肉内や静脈への直接投与を行います。

現在巨赤芽球性貧血の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。