あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

肺がん(肺の悪性腫瘍)の放射線治療の体験談

肺がん(肺の悪性腫瘍)の「放射線治療」に関する体験談をまとめています

このページでは、肺がんの放射線治療を経験された方の体験談を掲載しています。
比較的長く効果が続き、入院による加療が出来たからです。化学療法の場合は通院が長く続くのが大変でした。 (40代男性)」や「抗がん剤治療も視野に入れて考えましたが、脊髄まで転移していて身体が既に弱っていたので、ここで抗がん剤治療をすると副作用が強く食事もできなくなる可能性があり、身体に大きな負担がかかるので、一番身体に負担のない放射線治療を選択しました。 (60代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-10件目を表示/全10件

放射線治療とは

高エネルギーのエックス線やガンマ線を照射し、細胞を傷つけることでがんを小さくする効果があります。再発したがんや進行したがんの症状をやわらげる目的で行わます。放射線と化学療法を併用する場合もあり、その場合は放射線化学療法とよばれます。

放射線治療の詳細はこちら

更新日:2017年03月03日

放射線治療以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

肺がんの体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす