あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

肺がん(肺の悪性腫瘍)の胸腔鏡下手術(低侵襲手術)の体験談

肺がん(肺の悪性腫瘍)の「胸腔鏡下手術」に関する体験談をまとめています

このページでは、肺がんの胸腔鏡下手術(低侵襲手術)を経験された方の体験談を掲載しています。
肺葉を切除しても日常生活に支障はなく、ほとんど以前と同じ生活ができるといわれた。 (60代男性)」や「80歳の高齢、不整脈ありということで開胸手術はリスクが高いという判断でした。腹腔鏡は時間も短く済み、出血も少なく患者への負担がかなり小さく済むと聞きました。年齢を考え、腹腔鏡下でと本人と家族で決めました。 (70代以上男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-22件目を表示/全22件

胸腔鏡下手術(低侵襲手術)とは

胸の中にビデオカメラを入れ、画面に映しながらがん細胞を取り除きます。傷口を最小限に抑えることができ、治療効果も高いといわれていますが、特別な器具を使用するため手技が限られています。
近年、胸腔鏡の普及にともない、並行して一部の肺葉を切除する(縮小手術)ケースもあります。

胸腔鏡下手術(低侵襲手術)の詳細はこちら

更新日:2017年01月20日

胸腔鏡下手術(低侵襲手術)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

肺がんの体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす