あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

肺がん(肺の悪性腫瘍)のCE療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

肺がん(肺の悪性腫瘍)の「CE療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、肺がんのCE療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
非小細胞肺がんという診断なのに化学療法にエトポシドが使われた。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

CE療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

プラチナ製剤であるカルボプラチンと、抗がん剤のエトポシドを組み合わせた二剤併用療法です。それぞれがん細胞の増加を阻止するはたらきがあります。点滴による投与の翌日、抗炎症薬を服用する場合があります。

CE療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2017年06月06日

CE療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

肺がんの体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす