あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ドレナージ肺がん(肺の悪性腫瘍)

概要

体内の余分な水分や血液などを体外に抜き取る処置を行います。細いチューブの先端を体内の部位まで進め、余分な体液を体内から抜き取り、感染症の原因物質の排除や体腔内の減圧のために行われます。
ドレナージにはさまざまなものがあり、症状に合わせて行われます。

他の治療法に比べての優位性

一般的にひろく行われています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

この方法しか勧められませんでした
それをしないと、溺死、窒息死を今起こすといわれたからすぐに行って貰いました。

60代女性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

胸腔ドレナージ後に、胸膜癒着術がひろく行われていますが、心嚢ドレナージ後の心膜癒着術の有意さは認められていません。

実際に感じた効果

手術も他院からの医師で、手術痕小さく。でも、1年半後に同じところに癌が見つかり、病院を変えて手術しました。
その後、イレッサと、5週間に一回の点滴抗がん剤治療で、元気に仕事もしております。夏場や季節の変わり目は悪化し、入院治療を余儀なくされますが、当初の余命二ヶ月からは伸びています。

60代女性の家族(この人の治療体験)

副作用と対策

息切れ

息切れにより、呼吸困難になることがあります。また、胸が苦しくなるほか冷や汗がおこることもあるとされています。

楽な姿勢をとり、安静にしましょう。様子をみて、一向に症状が改善しない場合は医師に相談しましょう。服用の中止などが検討されます。

穿孔

他の臓器に穴が開き、出血などがおこることがあります。

まずは安静にしましょう。その後、医師の判断のもとに速やかに対処を行います。出血が大量な場合は輸血を行います。

迷走神経反射

心拍数の低下や血圧低下、冷や汗や顔面蒼白、目の前が暗くなるといった症状があらわれることがあります。ひどい場合には失神する場合もあります。

症状があらわれた場合は、すぐに座るなどの安静な体勢をとりましょう。横になる場合は自分の嘔吐物で気道が塞がらないように注意が必要です。

損傷

稀ですが、冠状動静脈が損傷し、胸に痛みや圧迫感をともなうことがあります。

放置してしまうと血栓ができ、急性心筋虚血などを引きおこす場合があります。医師の判断のもとすみやかに対処を行います。

動悸、頻脈

脈が早くなることや動悸がおこることがあります。

しばらく様子を見て、あまりに症状が重い場合は医師に減薬や中止の相談をしましょう。減薬や中止によって症状が緩和されます。

呼吸困難

痛みや圧迫感を感じ、息苦しさや立ちくらみなどがおこる場合があります。

まずは安静にしますが、症状が続く場合すぐに医師に相談しましょう。症状が重い場合は、人工呼吸器などによる適切な呼吸管理が必要となる場合があります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

抗がん剤は使用してませんので。
4日 嘔吐、下痢、意識混濁、うわ言、痙攣

60代女性の家族(この人の治療体験)

費用

1回:5,000円前後

(保険適用前)

実際にかかった費用

入院ICU代金、抗がん剤、ドレーン治療込140万 退院後の投薬毎月高額申請していて9万円

60代女性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

通常1週間前後必要とされます。

適用される患者

胸水貯留がみられ、それにともなう症状がみられるがん性胸膜炎の方
心嚢(しんのう)液貯留がみられ、それにともなう症状がみられるがん性心膜炎の方

下記の方は適応をさけましょう。
がん性胸膜炎以外が原因とされる胸水貯留の方、がん性心膜炎以外が原因とされる心嚢液貯留の方

更新日:2016年10月26日

参照元:(EBMの手法による肺癌診療ガイドライン2014年版日本肺癌学会金原出版2014年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。