あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腰痛症(非特異的腰痛)の神経ブロック注射(トリガーポイント注射)の体験談

腰痛症(非特異的腰痛)の「神経ブロック注射」に関する体験談をまとめています

このページでは、腰痛症の神経ブロック注射(トリガーポイント注射)を経験された方の体験談を掲載しています。
痛みの治療を行う際に、最も一般的に実施される治療は、薬剤を用いる「薬物療法」です。 (60代男性)」や「医者に言われたのだがその場ですぐ打つことになった。素人ながら聞いたことのあるブロック注射は予約等して処理室など衛生的にきちんとした別室で受けるように聞いていたのだが診察室の隣のカーテンで仕切っているだけの場所で背中を丸出しにし、消毒薬を塗られとても怖かったです。腰のほんの一部に打つ注射を背中全部を消毒するってやっぱり本当はこんな簡単に打つ注射じゃないよなと思いながら怖くて震えてどうしていいかわからずガタガタしてたら看護師に「震えてたら針が違うところに打っちゃうかもしれないからじっとしていてください」とか淡々と言われもう何も言えないし何もできない逃げれない状況に追い込まれました。選んだのではなく仕方がなく受けたものです。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-5件目を表示/全5件

神経ブロック注射(トリガーポイント注射)とは

痛みを伝える神経および周辺に麻酔薬を注射することで、神経の働きを抑え、痛みをブロックする方法です。
神経の感受性を緩やかにし、筋肉の緊張をやわらげたり、血流を改善させる効果などもあるとされています。
整形外科だけでなく、現在ではペインクリニックでも行われています。

神経ブロック注射(トリガーポイント注射)の詳細はこちら

更新日:2016年02月04日

神経ブロック注射(トリガーポイント注射)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

腰痛症の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす