あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腰痛症(非特異的腰痛)の体験談

医師に勧められてマッサージ治療に励んだ。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2015年9月
運動療法マッサージ

腰痛症とは

はっきりとした定義はありませんが、一般的には一番下端の肋骨からお尻のあたりまでに発症する痛みのことを腰痛症といいます。
腰痛症には引きおこしている明らかな原因がわかるものと、特定できない非特異的腰痛があります。

腰痛症の症状

満足度

医師が痛くないようにマッサージをしてくれたからです。

副作用

治療履歴

2015年9月:ボルタレン飲み薬
2015年10月:ロキソニン湿布薬

病気と症状について

普段どおりに座椅子に座っていたら急に腰が痛くなり、横になっていました。病院に行ってレントゲンを取って医師からは骨に異常はないがぎっこり腰ではと診断されました。症状としては骨に異常がないから重傷ではないと言われました。

参考:腰痛症にかかった他の人の症状は...?

慢性的に腰痛があったようですが、ある朝起き上がるのもつらく、...

(続きを読む)

20代男性の家族(この人の治療体験)

学生時代にスポーツを行っており、その時から腰痛と付き合ってい...

(続きを読む)

腰痛症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ運動療法を選んだか

医師に勧められてマッサージ治療に励んだ。

参考:他の人が運動療法を選んだ理由は...?

私の腰痛は姿勢が悪いのが原因だったらしく、薬は必要なく「姿勢...

(続きを読む)

1回の治療でかなりの改善がみられ、身体に過度なふかもかけずに...

(続きを読む)

他の人が運動療法を選んだ理由をもっと読む

運動療法とは

慢性腰痛に対する保存的治療のひとつとして推奨される治療法です。
筋力トレーニングや腰痛体操、ストレッチなどの運動に取り組み、姿勢の改善、柔軟性の獲得、筋力の強化などを図ります。
通常は医療機関において、医師の指示のもとに、理学療法士などのリハビリテーション専門士によって実施されます。
家庭での全身運動も、一定の効果があるとされます。
日常生活の改善も、運動療法で重要となるポイントです。腰痛症は普段の生活とも関係があるといわれます。長時間の肉体労働や不自然な動作などの改善、寝具などの工夫といった、日常生活における姿勢や動作の改善も運動療法に含まれます。

「運動療法」の概要

運動療法の効果について

ボルタレン飲み薬やロキソニン湿布薬を使用したり、マッサージをしてもらって少しずつ腰が楽になりました。

参考:他の人が感じた運動療法の効果は...?

整形外科に行った時は、常に湿布を貼っていましたが、半年ほどし...

(続きを読む)

1回目の治療を行た直後に改善を感じることが出来ました。その後...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の効果をもっと読む

治療期間

治療期間:1ヶ月

治療に関する費用

1ヶ月の薬剤:5000円

副作用について

ボルタレンの薬を処方されて服用したら、眠気が強かったです。

参考:他の人が感じた運動療法の副作用は...?

副作用はなし。...

(続きを読む)

なし。...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の副作用をもっと読む

腰痛症を患っている方へのアドバイス

困った時は座る時が苦痛でした。また、生活上の注意としてはずっと座っていると腰に負担くるので立ったり、座ったりの繰り返しした方が痛みは繰り返しが少なかったです。痛い時は湿布は勿論ですが、腰に貼るカイロを貼ったりすると痛みは緩和します。急な腰の痛みの時は放っておかないようにすぐ病院に行く事をお薦めします。

参考:腰痛症を経験した他の人のアドバイスは...?

腰痛は体のストレッチと患部を温めることが非常に重要で、日々の...

(続きを読む)

20代男性の家族(この人の治療体験)

薬用、手術などを選択する前に運動療法で改善できる可能性があり...

(続きを読む)

腰痛症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年10月24日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

腰痛症の体験談をもっとさがす

運動療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす