あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腰痛症(非特異的腰痛)の体験談

リハビリルームにて寝ながらの治療が体への負担が軽かったからです。

患者との関係:家族患者:20代男性治療時期:2013年1月
温熱療法超音波治療

腰痛症とは

はっきりとした定義はありませんが、一般的には一番下端の肋骨からお尻のあたりまでに発症する痛みのことを腰痛症といいます。
腰痛症には引きおこしている明らかな原因がわかるものと、特定できない非特異的腰痛があります。

腰痛症の症状

満足度

慢性的な腰痛は季節により出たりはしましたが、突発的な症状はなくなったからです。

副作用

治療履歴

2013年1月超音波治療、リハビリ

病気と症状について

慢性的に腰痛があったようですが、ある朝起き上がるのもつらく、歩くのもつらいということで整形外科を受診しました。診断は腰椎椎間板ヘルニアと周りの筋肉の炎症ということでした。リハビリと超音波治療にて治していくということでした。

参考:腰痛症にかかった他の人の症状は...?

重いものを持つことが何度かあり、その後、腰に痛みを感じるよう...

(続きを読む)

中学の頃から立ってられないくらいの腰痛(生理痛)に悩まされて...

(続きを読む)

腰痛症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ温熱療法(物理療法)を選んだか

リハビリルームにて寝ながらの治療が体への負担が軽かったからです。

参考:他の人が温熱療法を選んだ理由は...?

理学療法士にメニューを決められていた。自分の選択はなかった。...

(続きを読む)

電気治療を受けるだけで、受診前よりも動けるようになったから。...

(続きを読む)

他の人が温熱療法を選んだ理由をもっと読む

温熱療法とは

患部を温めることで、筋肉をゆるめ、血行を促すことで痛みを改善していきます。
温熱療法にはホットパックや遠赤外線を使用した表面を温めるものと、超音波やマイクロウェーブを使用し体の熱に変換するものがあります。

「温熱療法」の概要

温熱療法(物理療法)の効果について

最初は歩くのも痛くてままならない程度でしたが、超音波治療とリハビリを重ねていくにつれて、だんだんと症状が軽くなってきました

参考:他の人が感じた温熱療法の効果は...?

マイクロや赤外線は1週間ほど続けると激痛はかなり治まりますが...

(続きを読む)

電気治療を3日間受けに行きました。 受けるために移動するの...

(続きを読む)

他の人が感じた温熱療法の効果をもっと読む

治療期間

3か月ほど通院しました

治療に関する費用

3か月ほど通い、リハビリは毎回1000円程度だったかと思います。

副作用について

とくにありませんでした。

参考:他の人が感じた温熱療法の副作用は...?

ロキソニンテープでかぶれる...

(続きを読む)

副作用なしお...

(続きを読む)

他の人が感じた温熱療法の副作用をもっと読む

腰痛症を患っている方へのアドバイス

腰痛は体のストレッチと患部を温めることが非常に重要で、日々のメンテナンスがとても重要だと思います。慢性的な腰痛と付き合っている人も多いとは思いますが、痛くてたまらないという場合には無理せず医療機関を受診することをおすすめします。

参考:腰痛症を経験した他の人のアドバイスは...?

急性期の骨のずれなどは、上手な先生のマッサージは効果があると...

(続きを読む)

腰痛を疑うとき、椎間板ヘルニアの他にも内臓疾患、悪性新生物、...

(続きを読む)

腰痛症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年10月24日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる