あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

肝臓がん(肝がん、肝細胞がん)

肝臓がんとは

肝臓がんの多くは、ウイルス性の慢性肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患により発症する病気です。肝臓がんは、原発性と転移性の2つに分けられ、原発性肝臓がんの約95%は肝細胞がんといわれています。ここでは主に肝細胞がんについて扱います。

症状と原因

特徴的な初期症状が少なく、非常に発見されづらい病気ですが、全身倦怠感や食欲不振を訴える例もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

受けられる治療は、肝臓がどの程度のダメージに耐えられるか、予備能力の大きさによって異なります。さらに、腫瘍の大きさ、個数、血管に腫瘍が入りこんでいないか、肝臓の外に転移が見られないかといった点を考慮し、肝切除、ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法といった局所療法(体の外から針を刺して腫瘍を凝固させる治療)、肝動脈化学塞栓術(がんに栄養を運ぶ血管をふさぐ治療法)、肝動注化学療法、分子標的薬、放射線療法などが選択されます。
肝臓の予備能力が治療に耐えられないほど低下している場合は、肝移植が検討されますが、腫瘍が進展している程度や年齢、ドナーなどの制限事項があるため、だれでも受けられる治療ではありません。

更新日:2018年12月03日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす