あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

急性骨髄性白血病に関する質問

急性骨髄性白血病のDNR+Ara-C療法について

匿名さん

関係:本人

患者情報:70代男性 治療期間: 〜半年

経過:4月に「急性骨髄性白血病」と診断。
   治療薬:キロサイド(シタラビン)とアクラシノン(アクラノビシン)
約一か月の入院治療、約二週間の一時退院を1クールとして4クール目の治療が終わりました。
その間副作用で粘膜系に酷い打撃を受け特に大腸にダメージ。激やせ、体力消耗が激しく
身体中の骨が飛び出し、座る事立つ事も困難。今は少しでも肉をつける事が願いです。

質問:再発の可能性が高いタイプの白血病と聞いてますが再発の場合、抗がん剤治療を受ける
   体力が無くこれ以上の苦痛は受け難い。病気で死ぬより衰弱で死ぬ確率が高いと思います。
   治療を受けない選択をする場合の方法、心得が有れば教えて下さい。

5
みんなの回答数:0 件
投稿日:2016年11月29日 投稿ID:3023

    あなたの回答をお伝えください

    あなたの優しさがお悩みの方の力になります

    会員登録して経験を書こう(無料)



    すでに会員登録がお済みの方は、ログインしてください