あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

顎変形症

顎変形症とは

上あごあるいは下あご、もしくはその両方の大きさ、形、位置などの異常が生じているもので、顔の歪みや、かみ合わせの異常(不正咬合)がおきている状態です。
下あごが突出した状態となることで、口が閉じられないといったことが癖のようになり習慣化されると、発音がわるくなる、食べものを噛むことがうまくできないといった状態になることもあるといわれています。
また、あごの変形による顔の左右非対称、下あごが突き出ているといった外見的な問題として悩む方も多いといわれています。
顎変形症は、歯並び(歯科矯正)治療を行うことが一般的とされていますが、それだけでは完全な治療が困難なケースも多いといわれています。そのため、あごの手術を組み合わせた矯正治療が必要となることもあります。
顎変形症とよく似た名称の病気に顎関節症というものがありますが、一般的には顎変形症と顎関節症は別の病気であると考えらえられています。

症状と原因

咬み合わせの異常(不正咬合)を生じることが多いとされ、場合によっては関節の痛み、雑音、口が開かないという顎関節症の症状を生じることも多いといわれています。そのほか、口が自然に閉じない、発音しにくいといった症状がみられることもあるとされます。

体験談

体験談を見るにあたって

かみ合わせの異常や顔面変形といった症状が、あごの変形が原因によるとはっきりした場合に、治療の対象となります。
変形などの症状が軽い場合には歯科矯正治療で治ることもあるといわれていますが、程度が強いものや顎が歪んでいる場合には手術を含めた治療が検討されることになります。
手術は、大きく骨切り術というあごの骨を切る手術にまとめられ、さらにその中でいくつかの手技があり、変形などの状態によって使用する手技が異なるとされます。
一般には、手術を行うにしても、手術前に矯正歯科での歯並びの治療を行うことがすすめられているため、手術前の矯正には1~2年の期間が必要になることもあるといわれています。
手術治療は高度先進治療として認められているため、矯正治療、手術とも健康保険を利用することができます。一方で施設認定をされていない矯正歯科で自費治療を受ける場合、手術も保険がきかないことがあり、その場合は高額な治療費が必要となる傾向にあります。手術は成長が終了する高校生の時期以降に行うことが多いとされています。
手術では、あごを固定することもあり、固定には金属製(チタン製など)や小さなプレートやスクリューを用いるものが多いとされます。そして、手術後には正しい咬み合わせを保持するために通院などを通して、フォローアップが行われることがほとんどです。

更新日:2016年02月09日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす