あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

不眠症の体験談

ある程度原因がはっきりしていた(頻尿)ので、そちらの改善も並行して試みました。おそらく心因性の頻尿だったみたいです。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2015年12月
ベンゾジアゼピン系睡眠薬睡眠導入剤による睡眠習慣の回復

不眠症とは

なかなか寝付けない、睡眠中に何度も目が覚める、早朝に目が覚めてそのあと寝られない、といった症状が1ケ月以上続く不眠障害の1つです。
睡眠不足により、日中に倦怠感や集中力の欠如、抑うつ・不安、眠気、意欲の低下など日常生活に支障が生じてきます。
夜眠れなくても昼間の生活に特に支障がなければ不眠症とは診断されません。

不眠症の症状

満足度

睡眠の習慣が戻ってきたので

副作用

治療履歴

当初1週間は 漢方+デパス1mg 効果不充分
次の1週間は レンドルミン0.5mg 効果不充分
次の2週間は ロヒプノール 2mg 完全に睡眠を取り戻す
次の2週間でロヒプノールを 1mg → 0.5mg と減量 何とか眠れるようになる
次の3ヵ月は アモバン7.5mgから徐々に2.5mgへ 完全断薬
以降 頓服としてマイスリー 5mg(寝そびれた時のため)

病気と症状について

先に頻尿が出現し、日中だけだったのが床についても症状がとれず、頻回にトイレ(30分に1回ペース)へ行くようになり、とうとう朝まで眠れず突発性の不眠症に。その後一進一退しながら最高丸3.5日間一睡もできず、心療内科受診。

参考:不眠症にかかった他の人の症状は...?

症状が現れた理由は、会社の社長からのパワハラが原因で情緒不安...

(続きを読む)

当時介護職をしていて夜勤が不定期にあったことから、睡眠リズム...

(続きを読む)

不眠症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜベンゾジアゼピン系睡眠薬(BZ受容体作動薬、BZ系睡眠薬)を選んだか

普段から心療内科にかかっているので、今回突発的ということで予約なしで特別に診察をうけることができました。
ある程度原因がはっきりしていた(頻尿)ので、そちらの改善も並行して試みました。因みに泌尿器科では「慢性前立腺炎」の診断だったのですが一向に改善せず、結局心療内科より処方されたソラナックスにより改善、おそらく心因性の頻尿だったみたいです。
ソラナックスは0.4mg×2/日で1ヵ月だけ。

参考:他の人がベンゾジアゼピン系睡眠薬を選んだ理由は...?

眠れないということは、人間にとって非常に辛いことです。不眠症...

(続きを読む)

薬を少量から始められるという点と、自分が必要な時に飲めるとい...

(続きを読む)

他の人がベンゾジアゼピン系睡眠薬を選んだ理由をもっと読む

ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは

脳のGABA-A受容体に作用する薬です。脳の神経に対する鎮静作用や、不安や緊張をほぐしてリラックスさせる作用があり、自然に近い眠りに誘います。
主に「トリアゾラム」(超短時間作用型)、「プロチゾラム」(短時間作用型)、「フルニトラゼパム」「ニトラゼパム」(共に中間作用型)などが使用されます。

「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」の概要

ベンゾジアゼピン系睡眠薬(BZ受容体作動薬、BZ系睡眠薬)の効果について

今回、原因もはっきりしているので当初は、軽くみていて(自分自身も)軽めの薬から治療を開始し、結局ロヒプノール2mgまでいって徐々に減らすという経過と辿りました。
5ヵ月で断薬できたのは、よかったですが、不眠のトラウマ的なもの(丸3日一睡もできなかった)は2年近くたった今でもあります。ダメだと思ったら早めにマイスリー服用して、一日たりと完全不眠という日がないよう心掛けています。(今でもマイスイー服用する日が月に1~2日あります)

5ヵ月間だと減量を経ての断薬だと苦しみはほとんどありませんでした。あえて言うと断薬して3日ぐらい本当に浅い眠りしかできなかったぐらいで4日目から通常の眠りを取り戻しました。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果は...?

最初はレンドルミンを服用して、精神をまず安定させて、眠れる安...

(続きを読む)

一番は服薬と生活スタイルを変えることでした。たまには子供をあ...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果をもっと読む

治療期間

約5ヵ月

治療に関する費用

通院 ¥2000ぐらい/回

副作用について

中時間型の薬は、起床してからも若干、頭がボーっとした感じが残ります。
短時間型だと副作用なしです。
ただ、神経が昂っているときは効きが悪くなります。

参考:他の人が感じたベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用は...?

ベンゾジアピン系の薬はのどが渇くという副作用があります。...

(続きを読む)

翌日に残っているような感覚がある日もありましたが、ほぼなかっ...

(続きを読む)

他の人が感じたベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用をもっと読む

不眠症を患っている方へのアドバイス

私のように突発的な不眠は、睡眠導入剤を上手く活用することによってきっと治ります。その先は薬への依存との闘いになるかと思いますが、漫然と服用するんじゃなく減量への意識は常に持っておいた方がよいと思います。
不眠を体験して思うのは、睡眠とは「習慣」であるということです。寝そびれた夜に客観的にみて自分はなぜ今日は眠れないのか?考えてみたところ、結論はタイミングを逃して焦っている自分がいるという事実です。
「習慣」とは自然と訪れるもので、自分からは、何をしても引き寄せられるものじゃありません。

もう一つわかったのは、眠れるかどうかは布団に入る前にある程度決着しているということです。眠れる日は、布団に入る前にちょっとした眠気を必ず感じています(早い日は夕方ぐらいにわかります)。だからそれを感じない時は感じるまで布団に入らない。これは感覚的なもので今は意識していますが、意識しなくなった日が、完全卒業かなと思っています。

参考:不眠症を経験した他の人のアドバイスは...?

抑うつ状態なんて、絶対にならないだろうと思っていましたが、心...

(続きを読む)

不眠症では基本睡眠導入剤を使用して治療を行うのですが、根本的...

(続きを読む)

不眠症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年11月16日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

不眠症の体験談をもっとさがす

ベンゾジアゼピン系睡眠薬(BZ受容体作動薬、BZ系睡眠薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす