あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

不眠症の体験談

精神科の先生に従いました

患者との関係:本人患者:60代男性治療時期:2000年4月

不眠症とは

なかなか寝付けない、睡眠中に何度も目が覚める、早朝に目が覚めてそのあと寝られない、といった症状が1ケ月以上続く不眠障害の1つです。
睡眠不足により、日中に倦怠感や集中力の欠如、抑うつ・不安、眠気、意欲の低下など日常生活に支障が生じてきます。
夜眠れなくても昼間の生活に特に支障がなければ不眠症とは診断されません。

不眠症の症状

満足度

薬が自分に合わない感じがします。夜も余り寝れないです。

副作用

病気と症状について

ある事が原因で夜になると不安で落ち着きがなくそれから不眠症になり精神科に通院するようになりその何ヶ月あとに自傷行為をして精神科に入院しました。手首を切ったのです。それ以来精神科に通院をして睡眠薬や安定剤を飲まないと眠れません。薬が無くて夜寝れない時でも次の日は昼寝すら出来ません。今貰っている薬が何か自分に合わない感じがします。最近はノイローゼ気味かなとも思っています。精神科の先生には相談しているんですが薬は変わりません。

参考:不眠症にかかった他の人の症状は...?

シフト制の仕事に転職して、毎日違う時間に寝て起きて、と、し始...

(続きを読む)

当時引っ越しをしたこともあり環境の変化が一番大きかったと思い...

(続きを読む)

不眠症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ腹腔鏡下手術(内視鏡手術)を選んだか

精神科の先生に従ったからです。

参考:他の人が腹腔鏡下手術を選んだ理由は...?

費用が安いのを初め、他の治療はしなくても良い状態でした。 ...

(続きを読む)

それ以外の選択肢がないと何度も主治医と確認の結果。...

(続きを読む)

40代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が腹腔鏡下手術を選んだ理由をもっと読む

腹腔鏡下手術とは

腹部に5mm~12mmの穴を数ヶ所開け、専用のカメラや手術器具を挿入し、モニター画面でお腹の中の横隔膜より下部の空間内を観察しながら、器具を操作して胃の切除を行う方法です。

「腹腔鏡下手術」の概要

腹腔鏡下手術(内視鏡手術)の効果について

主に薬だけの治療法です。

参考:他の人が感じた腹腔鏡下手術の効果は...?

手術後の血液検査と造影剤CT、内視鏡検査...

(続きを読む)

とりあえず黄疸を取ること以外、治療は行わなかったので、残念に...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた腹腔鏡下手術の効果をもっと読む

治療期間

25年以上は精神科に通院しています。

治療に関する費用

生活保護なので費用はかかりません。

副作用について

精神的な障害

参考:他の人が感じた腹腔鏡下手術の副作用は...?

食事が進まず、すぐ下痢になる...

(続きを読む)

ステントを入れてから1か月ほどかかって黄疸が取れました。しか...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた腹腔鏡下手術の副作用をもっと読む

不眠症を患っている方へのアドバイス

自分だけで自立出来ない事です。

参考:不眠症を経験した他の人のアドバイスは...?

「眠れない」となると、焦りが出てきて「眠らなきゃ!」と思って...

(続きを読む)

不眠症となると自分の体内時計が狂い日常生活にもかなり支障が出...

(続きを読む)

不眠症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月12日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

不眠症の体験談をもっとさがす

不眠症の治療体験談

治療法ごとに体験談をさがす