あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

インフルエンザ(流行性感冒)を経験した人からのアドバイス

更新日:2016年04月04日

このページでは、インフルエンザにかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全288件
  • リレンザによる治療を受けた方からのアドバイス

    普段、吸引式の薬に慣れていない小さなお子様は、実際に使用する前に練習したほうがよいと思います。また、咳が出る人は、吸い込むことで咳が誘発されやすいので注意が必要です。吸入の前に、水分で喉を潤すとよいかもしれません。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • リレンザによる治療を受けた方からのアドバイス

    リレンザは本当に早く効いたので助かりました。 熱が下がって元気になってもウィルス性なので何日かは外出できませんでしたが、リレンザを吸入した数時間後にはインフルエンザ独特の辛さから解放されると思います。 粉の吸引なので、錠剤を飲むのが苦手な人にも良いと思います。
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    医師にしっかり症状を伝えることが大切です。細かな状況を伝えることで不安材料が取り除かれます。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    冬に高熱が出たならまずインフルエンザを疑うべきでしょう。そして、なにより早期の治療が大切な疾患ですね。イナビルは、肺に届くまでしっかり吸わなければならないため、お年寄りや子供には処方されないようなので、そこは少し残念ですね。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザは、家族にも移る可能性が高いので、なるべく隔離し、家族は、手洗い、うがいの他、手を念入りに消毒するなど、細心の注意をするべきだと思います。 発症せてから、5日間、学校や仕事に行けなくなりますので、周囲の方にも移らないように、むやみに外出するのは避けるべきだと思います。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    実はこの一年前に、同じ子供がインフルエンザでイナビルを処方されていたのですが、同じように5日間熱が下がらず再度受診するということがありました。2回ともしっかりお薬を吸引できていなかったのか、体質的に合わなくて効かなかったのかはわかりませんが、私はもう2度とイナビルを使うことはないと思います。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 非ステロイド抗炎症薬による治療を受けた方からのアドバイス

    生後1歳未満の子供にはあまりタミフル等は処方されないようです。 副作用も言われていますので、熱が下がってくれれば解熱剤で問題ないと思います。 高熱が続くと心配ですので、疑いがあればすぐに病院へ行ってください。 あとは赤ちゃんの治癒力を信じましょう♪

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    子供のタミフル服用というと、服用後の異常行動などのニュースがありましたが、1歳児の我が子には特に変わった行動はありませんでした。 それでもやはり注意ぶかく様子を見ることは大切だと思います。 とにかく飲みにくいのが最初頭を悩ませましたが、薬剤師さんに相談した結果スポーツドリンク以外ならチョコレートやヨーグルト等に混ぜても問題ないとの事でした。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    妊娠中は、風疹やインフルエンザなどに気を付けたり、服用する薬にも気を付けたりと、自分1人の体ではないと実感させられますが、もしインフルエンザにかかってしまった場合に飲む薬として、タミフルは服用しても大丈夫だと思います。 私は出血しましたが赤ちゃんは無事でしたし、現在2歳半の息子は病気無く、とても元気です。
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    10代のタミフルの摂取はタミフル摂取後30分以内に寝てしまうと、夢遊病のような症状が出ることかあるから30分は寝ないようにと医師から説明されました。 私の周りの10代の方達で実際にそれを守らず、寝ていたのに起き上がって暴れたり叫び始めたとゆう症状を聞きました。
  • 非ステロイド抗炎症薬による治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザにかかったのに、市販薬を使用するの?という不安な方の方が多いと思います。私もそうでした。ですが、応急処置方法としては個人的にありだと思います。ただ、あくまで緊急時で病院に行けないような状況のときに限るのがいいと思います。痛みはなくなりますし、熱も少しは低くなりますが、やはり病院で処方していただいた薬の方がしっかり症状にあったものになるので治るのが早かったように思います。
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    子供にタミフルを処方されることに拒否感のある親御さんもまだ多いとは思いますが、タミフルのせいと言うよりはインフルエンザウィルスの増殖や高熱によることが多いように感じます。 インフルエンザは頭が相当痛くなるようなので。 心配しすぎず、医師や薬剤師さんの話をよく聞いて、まずは子供の体が楽になるようウィルス増殖を抑えてあげることを一番に考えてあげてくださいね。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    タミフルは副作用がおこる可能性があるので常に意識したり、子供の変化に敏感になり早めに気づけるようにする。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    イナビルは吸入薬を上手に吸えない可能性があるので、カプセルの内服が苦でなければ、タミフルカプセルの内服が確実なように思います。 10年以上前、副作用の異常行動が話題になりましたが、現在は予防的に内服を推奨されるほど安全性が確立されていると説明を受けました。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    発熱から、検査まで少し時間をおかなければならない点がインフルエンザの辛いところです。なるべく辛くても解熱剤等使わず、熱はしっかり体から放出させることが必要かなと感じました。 脱水症状が心配なので、食欲はなくても水分だけはしっかり取らなければと思いました。OS-1はとても良いなと今回ばかりは痛感いたしました。飲む点滴とはまさにその通りだなと。

    30代男性の家族(この人の治療体験)

  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    予防接種をしたからと言って、甘く見ていると結構ツライです。 他の人に移してしまうので、「怪しいかな?」と思ったら、医者に行って検査することをお勧めします。 イナビルは吸入するときに、ちゃんとできるか心配ですが、薬剤師さんの指示に従えば大丈夫です!
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザにかかると、1週間は人が多いところに行けないので食事に困りました。 身体がだるくて食事を作れなかったので、主人がいるときにまとめて日持ちするものを中心に買っておいてもらいました。 外出がままならない分、まとめ買いなどでうまく乗りきってもらえたらと思います。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    治療法を選択するときは医師の説明をしっかりと聞いて今の症状に最適なものを選ぶのと、その後、どのように症状が落ち着いていくのかを聞いておくと良いと思いました。そして、どのような症状が出たら再診する方がよいかも確認しておくと良いと思います。

    30代男性の家族(この人の治療体験)

  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    1回きりの使用なので病気の時にはいいですが、何回も思い切り吸引するので、子供、女性、高齢者の方には疲れたり、うまく使用できないかもしれません。 使用に関しては先生と相談することをお勧めします。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    吸引するのはとても簡単で、楽な治療法です。 飲むとその翌日には熱も下がり、頭痛や目の奥の痛みにも襲われることはなくなります。 ですが、タミフルが未成年に異常行動を起こす薬だと分かってからイナビルも少し警戒されている薬です。 もしかすると異常行動を起こす危険性がある。と医者から宣告されると思いますが実際にはまだ症例は出ていません。ですが保護者の許可は必要です。十分に気をつけましょう。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザの治療薬の中には、副作用が問題になった薬剤もあり、イナビルとは違う薬とはいえ、使用に不安もありました。薬剤師さんからの丁寧な説明と、服薬指導で安心して使えました。使用後の子供の回復の様子を見て、使って良かったと思いました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    知らなかったのですが、タミフルは発症から48時間以内の服用で効果が発揮するそうです。お薬を処方されたら早めに服用される事をお勧めします。48時間を過ぎると効果が薄くなると言われました。吸引が苦手な方には飲み薬の方が合っているのと思います。
  • リレンザによる治療を受けた方からのアドバイス

    他の人にうつさないようなマスクをつけたり、手洗い、消毒を欠かさずすることが大切です。また、充分に静かに休ませてあげられる環境づくりが大切です。食欲が戻ったら、出来るだけたくさん食べたいものを食べて体力をつけてあげてください。
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    通勤・通学など自分は気お付けていても何処で菌を貰ってくるか解らないので、身体に異変を感じた時はすぐに診察してもらうのがベストだと思います。インフルエンザになってしまったら、周囲への感染を防ぐためマスクは必須。ウロウロせず薬を飲んで、ひたすら安静にするのが一番です。
  • リレンザによる治療を受けた方からのアドバイス

    他の人にうつさないようマスクをつけたり、消毒、手洗いは徹底して、インフルエンザの人と部屋など別にするべきです。基本的に休養睡眠が大事なので静かに休ませてあげられる環境づくりが大切です。食事も食べられるものだけで良いです。
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザの治療といえばタミフルが一般的ですが、若い10代20代の女性の場合は近くで異常行動がないかの見守りが必要だと思います。その他に一気に熱が上がるので、水分補給や頭を冷やすことなどもされた方がいいと思います。

    30代男性の家族(この人の治療体験)

  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    私はできませんでしたが、インフルエンザの抗ウイルス薬はいくつか種類があるので、特徴や使い方を医師から説明してもらって自分で選択するといいと思います。 吸入薬はあまり使ったことがない方が多いと思いますので、薬剤師さんに説明してもらい、その場で使うと不安がないです。
  • タミフルによる治療を受けた方からのアドバイス

    発熱して、直ぐにはインフルエンザの検査をしても出ないので、病院の先生に相談して、受診された方が良いと思います。保育園などで、流行っていたら、まず間違い無いと思います。受診が遅すぎるとタミフルが効かないので気を付けて下さい。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザは、診断のタイミングでがあるので(最近は、早くわかるものもあるようですが)、体調から疑わしいならば、周囲の環境や状況も合わせて伝えた方が良いです。
  • イナビルによる治療を受けた方からのアドバイス

    インフルエンザは高熱と関節痛が出ることが特徴です。3840度の熱が出たら、インフルエンザの可能性が高いので、すぐに病院を受診することをお勧めします。また、家族や周りの人にうつさないよう、マスクをすることが大切です。

もっと読む