あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

非ステロイド抗炎症薬インフルエンザ(流行性感冒)

概要

熱を下げる作用があります。高熱時や一時的に熱を下げたい場合に使用します。

適用される患者

抗ウイルス薬を飲んでいない方

抗ウイルス薬を飲んでいる方は飲み合わせの問題もあるため医師に相談しましょう。

他の治療法に比べての優位性

市販されているため、簡単に入手し服用することができます。

留意すべきこと

イブプロフェンとアセトアミノフェン以外は合併症を招いてしまう可能性があるため注意が必要です。とくにインフルエンザが疑われる場合では、ロキソニンとボルタレンは飲まないようにしましょう。

費用

一般的な所要時間

できる限り早く病院を受診するようにしましょう。

更新日:2016年10月26日

参照元:(インフルエンザ病院内感染対策の考え方について(高齢者施設を含めて)日本感染症学会http://www.kansensho.or.jp/guidelines/1208_teigen.htm(閲覧日:2015年8月12日)l,インフルエンザの治療方針日本小児科学会https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/2013_2014_influenza_all.pdf(閲覧日:2015年8月12日),インフルエンザ厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/(閲覧日:2015年8月12日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月12日))

非ステロイド抗炎症薬治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

非ステロイド抗炎症薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

非ステロイド抗炎症薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。