あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ラピアクタ(抗インフルエンザウイルス薬、ペラミビル水和物)インフルエンザ(流行性感冒)

概要

点滴の抗ウイルス薬です。医療機関でおよそ15分以上かけ点滴を行う必要があります。インフルエンザウィルスの細胞への感染や拡大を広めることを防止する作用をもつといわれています。

他の治療法に比べての優位性

1度の点滴でタミフルおよそ5日間分の効果が得られるため、飲み忘れなどの心配がありません。

実際に治療を受けた方が選択した理由

飲み薬より、1回の点滴で終わる事が出来るので、仕事をしている人には良いし、面倒がない。
タミフル、リレンザは飲ませたことがあり数日間服用が面倒だと思っていたので、一度の点滴で済むラピアクタに興味があったから。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

1回点滴するだけで効果があるとの事でしたし、飲み薬や吸引薬などよりも、点滴薬が一番即効性がある気がしたので、ラピアクタを選択しました。

留意すべきこと

症状があらわれてから48時間以降の投与では効果がみられないとされています。また、抗インフルエンザウイルス薬は、特に重症なインフルエンザ脳症を予防できるという医学的な根拠はありません。

実際に感じた効果

インフルエンザにかかったときは、タミフルやリレンザという認識があったが、1回の治療で済む点滴があるとは思わなかった。その日のうちに熱も下がった。
うちの子には、副作用が強く、いつものインフルエンザのときより、ぐったりしていました。インフルエンザの二峰性の発熱も初めて体験しました。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

ラピアクタ点滴後、特に体が楽になることもなく、以前と同じ症状が3日以上続きました。病院で処方された解熱鎮痛剤を飲むことで一時的に楽にはなりましたが、インフルエンザの症状が早く治まったといった実感はありませんでした。 5日後くらいからやっと普通の食事ができるようになり、1週間後からすっかり元気になりました。

副作用と対策

消化器障害

吐き気や下痢、腹痛などの消化器症状がおこる場合があります。

インフルエンザによっても同じような消化器症状がおこることがあるため、薬の副作用とは限りませんが、気になる症状がある場合は服用をやめて、医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

副作用は特になかった。
下痢、嘔吐 下痢は10日続き、2回の点滴で2回とも点滴が終わってすぐ嘔吐しました。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

何度か吐き気を感じましたが、副作用なのかインフルエンザの症状のひとつなのか、はっきりわかりませんでした。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

1回の診察と点滴で5000程度。
覚えておりませんが、診察代も入れて、5000円くらいかと記憶しています。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

診察料すべて込みで3,500円前後であったと記憶しています。内訳は確認していませんでした。

一般的な所要時間

病院で一度点滴をうけるだけで終わります。
点滴投与時間:15分以上

適用される患者

A型、B型インフルエンザの方

小児にはあまりすすめされていません。

更新日:2016年11月16日

参照元:(インフルエンザ病院内感染対策の考え方について(高齢者施設を含めて)日本感染症学会http://www.kansensho.or.jp/guidelines/1208_teigen.htm(閲覧日:2015年8月12日)l,インフルエンザの治療方針日本小児科学会https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/2013_2014_influenza_all.pdf(閲覧日:2015年8月12日),インフルエンザ厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/(閲覧日:2015年8月12日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月12日))

ラピアクタ治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

ラピアクタ(抗インフルエンザウイルス薬、ペラミビル水和物)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす