あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

タミフル(抗ウイルス薬、オセルタミビルリン酸塩)インフルエンザ(流行性感冒)

概要

体内でインフルエンザウイルスを増やさないようにする薬です。インフルエンザの症状がさらにひどくなるのを抑え、症状がでている期間を短縮します。

適用される患者

A型、B型インフルエンザの方

10代の方は適用をさけましょう。
※過去に10代のインフルエンザにかかった方が服用した際に異常な行動が報告されたため、原則行なわれないとされています。
また、1歳未満の患児 (低出生体重児、新生児、乳児) に対する安全性は確立していません。

他の治療法に比べての優位性

予防としても効果があるとされています。また、飲み薬なため、吸入が苦手という方にすすめられています。もっとも多く使われている抗インフルエンザ薬とされ、幼少期の子どもには飲みやすいシロップタイプもあるとされています。

留意すべきこと

インフルエンザの症状があらわれてから48時間以内に服用を行わないと効果が弱まってしまいます。また、抗インフルエンザウイルス薬は、特に重症なインフルエンザ脳症を予防できるという医学的な根拠はありません。

※子どもがタミフルを服用した場合、異常行動をとることがあるといわれています。原因のひとつとしてタミフルの副作用が考えられますが、その関連については未だ不明です。
異常行動の原因としてもっとも多いとされているのが「熱性せんもう」です。また、意識障害が長く続く場合や強まる場合は「脳炎、脳症」の疑いもあります。
こういった背景から、10才未満の子どもの発熱には、保護者が注意深く観察をするように指導し、10代未成年に対してのタミフルの使用は原則として差し控え、医師が判断した場合のみ、処方できることになっています。

副作用と対策

消化器障害

吐き気や下痢、腹痛などの消化器症状がおこる場合があります。

インフルエンザによっても同じような消化器症状がおこることがあるため、薬の副作用とは限りませんが、気になる症状がある場合は服用をやめて、医師に相談しましょう。

精神症状

意識がもうろうとする、不安や恐怖心をうったえる、突然窓から飛び降りようとする、変なものがみえたり聞こえる、奇声を発するなどの異常行動がみられることがあります。その他、けいれん、せん妄、幻覚、妄想といったような症状が、非常に稀ですがみられる場合があります。

このような副作用が過去10代の方に発生したと報告されていることから、現在では10代のタミフル服用は原則禁忌となっています。そのため、タミフルをお子様に服用させる際は十分に注意、観察するようにしましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

一般的な所要時間

約5日間程度服用を行います。

更新日:2016年11月16日

参照元:(インフルエンザ病院内感染対策の考え方について(高齢者施設を含めて)日本感染症学会http://www.kansensho.or.jp/guidelines/1208_teigen.htm(閲覧日:2015年8月12日)l,インフルエンザの治療方針日本小児科学会https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/2013_2014_influenza_all.pdf(閲覧日:2015年8月12日),インフルエンザ厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/(閲覧日:2015年8月12日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月12日))

タミフル治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

タミフル(抗ウイルス薬、オセルタミビルリン酸塩)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

タミフルについてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。