あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

感染性心内膜炎

感染性心内膜炎とは

心臓の弁膜や心内膜、大血管内膜にできた微小な傷に感染がおこり、細菌が増殖し巣のような塊を形成する心臓内の感染症です。感染がおこった結果、心臓の弁膜や周囲の組織を破壊し、機能不全をまねきます。また、塞栓症など全身性の続発する合併症が生じ、治療を行わず放置した場合、死にいたるとされています。原因となる病気ごとに発症しやすい部位は異なりますが、主に左心系の僧帽弁や大動脈弁への発生が多く、静脈注射の不適切な使用による感染の場合では、右心系への発生が多いとされています。

症状と原因

感染がおきてから2週間以内に、発熱、全身倦怠感、食欲不振、体重減少、関節痛など症状がみられます。
この疾患に特徴的な症状として、指先に痛みをともなう発疹(オスラー結節)、皮膚の点状出血、手のひらまたは足底の無痛性出血斑(ジェーンウェー病変)、眼球結膜の点状出血、眼底の梗塞性出血斑(ロート斑)などがあります。

体験談

体験談を見るにあたって

病原菌を特定し、効果の見込める抗生剤の投与を行い、感染を鎮静化することが最初の目標となります。
原因菌が不明な場合、心臓弁の状態によって治療方針を決定する場合があります。
■自己弁:さまざまな原因菌の影響を考慮して、セフェム系の抗菌薬を用いて治療を行います。培養困難な原因菌を想定する場合は、アミノグリコシド系の抗菌薬を併用します。
■人工弁:原因菌の特定が困難な場合で弁置換術後2か月以内では、ブドウ球菌を念頭に置いて治療を行います。術後半年から1年以上の場合では、自己弁と同じ方針で治療が行われます。抗菌薬による治療では効果がみられない場合、外科的治療の検討が急がれます。

感染の進行を抑えることで、心臓組織の破壊を防ぎ、合併症の発生や進行を抑えることを目指します。また、塞栓症による重篤なからだの各部位の障害を予防することも大きな目標です。薬の投与による内科的治療に加え、外科治療により感染部位の除去と破壊された心臓組織の修復を行い、状態の回復を目指します。
合併症をおこさずに、外科手術に踏み切るタイミングについては、全身の状態をきちんと把握し検討されたうえで行われます。

現在感染性心内膜炎の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。