あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腸閉塞(イレウス)

腸閉塞とは

腸内容物の通過が完全に止まっている、もしくは深刻な通過障害がおこっている状態のことをいいます。大腸、小腸関係なく腸内のどこにでもおこります。症状としては腹部の痛み、発熱、腹部の膨満感、食欲の低下が主におこります。腸閉塞には物理的に通過が阻害されている機械的腸閉塞と、痙攣(けいれん)や麻痺(まひ)によって腸の動きが悪くなっている機能的腸閉塞の2種類があり、その発生箇所や閉塞の状況によって原因が異なります。治療せず放っておくと腸への血流が絶たれ、腸壁の壊死がおこりはじめます。壊死がおこると腸が破裂し、腹膜炎やショック症状がおこる恐れがあります。腸の破裂は腸内容物のつまり過ぎでもおこることがあります。

症状と原因

機械的腸閉塞が小腸でおこると発症直後に症状がおこりはじめます。腹部に痙攣(けいれん)性の痛み、腹部の膨満感、嘔吐が主な症状です。
完全閉塞した場合では重度の便秘、部分閉塞では下痢を発症することもあります。
大腸でおこった場合には、小腸でみられる症状の軽度なものが徐々におこり、機能的腸閉塞の場合は、腹部膨満、嘔吐、漠然とした不快感、重度の便秘が主な症状です。
機能的腸閉塞でおこるような痛みはまれにしかおこらないとされています。

体験談

体験談を見るにあたって

腸閉塞の治療には手術的治療法と非手術的治療法があります。
腸管壊死をともなう複雑性イレウスの場合、閉塞がおこっている場所に関係なく、基本的に手術療法が選択されています。それ以外の閉塞や部分閉塞の場合、小腸と大腸で異なります。小腸の場合、鼻から管を入れ閉塞の原因を取り除く方法が選択されています。大腸の場合は、浣腸などで取り除く方法が選択されています。また、手術によっておこった癒着による腸閉塞に対しても、基本的には非手術的治療法が多く選択されています。
腸閉塞をおこした場合、腸内細菌の異常や粘膜が弱りやすいため抗菌薬が投与されることがあります。また、通過障害がない場合には消化管運動調節薬、腸運動の促進をうながす場合には緩下薬や漢方薬などが症状によって処方されます。胃腸を休め、十分な補液を行う、保存療法を行う場合もあります。

更新日:2018年11月19日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす