あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

過敏性腸症候群(IBS)の体験談

手軽にできて、薬を飲むなどと違って普段の生活で取り入れられた。ゆっくり食べる、冷たいものを飲まないなど簡単だった。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:2004年4月
食事療法食事療法
満足度

食事療法の先生からのアドバイスはとても参考になったのですが、すぐ改善せず市販薬を持ち歩いていました。

副作用

治療履歴
関連する治療法:食事療法

2004年から整腸剤服用
市販の正露丸服用

病気と症状について

私の場合は授業中に突然お腹が痛くなることが多く、特に緊張するとすぐお腹が痛くなり何度もトイレに行く状態でした。
病院では、整腸剤を処方されました。
後食事をゆっくり食べるように指導を受けました。
過敏性大腸炎は緊張するとお腹を下すもので、たいしたことありませんよと言われましたが、その後も電車に乗ったりした時お腹が痛くなるのが怖くて、整腸剤と市販の正露丸を持ち歩いていました。

なぜ食事療法を選んだか

手軽にできて、薬を飲むなどと違って普段の生活で取り入れられた。
ゆっくり食べる、冷たいものを飲まないなど簡単だった。

食事療法の効果について

まず、冷たい飲み物を控えるように言われました。
早食いだったのですが、それも原因になるのでゆっくり食べるように指導を受けました。
意識しても、当時学生だったこともありなかなか改善されませんでした。
今はしっかり守っていて、整腸剤も市販薬も飲まなくてよくなりました。

治療期間

治療期間5年

治療に関する費用

0

副作用について

食事療法には副作用はありません。
整腸剤にも副作用は感じませんでした。

過敏性腸症候群を患っている方へのアドバイス

年齢的に過敏な時期でもあったのかもしれませんが、とにかくトイレに行くのが恥ずかしく、言いだすことができませんでした。
当時は正露丸を飲めば一時期でも治るからと飲んでいましたが、でるものを止めるのはよくないみたいです。
気長な食事療法と、外のどこにトイレがあるか(コンビニや駅など)を把握して、我慢せずトイレに行ける環境をつくれば安心できます。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年01月11日
気になる点を報告

過敏性腸症候群について実際に質問してみる

過敏性腸症候群の体験談をもっとさがす

食事療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす