あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

甲状腺機能低下症の体験談

一般的にチラージンが多く使われているため、問題がないか当面様子を見ようと薬を飲んだ。副作用等もなかったので、その治療法に落ち着いた

患者との関係:家族患者:30代女性治療時期:2011年3月

甲状腺機能低下症とは

甲状腺のホルモンの低下や甲状腺自体の問題などによって発症することの多い内分泌疾患です。発症には原発性、中枢性があり多くの原因は原発性とされています。
ここでは原発性の甲状腺機能低下症について扱います。原発性のものにも一過性のものと永続性のものがあり、それぞれ治療の方針が異なります。

甲状腺機能低下症の症状

満足度

悪化もしていないし、高い薬ではないので継続しやすい

副作用

治療履歴

チラージンを毎日1錠飲んで、できものの大きさが小さくなるか経過観察。
一年後、1.5錠にしたが変化なし。現在は2錠飲んでいる。

病気と症状について

耳が痛くて耳鼻科にかかった際、喉も合わせて診察したら舌の付け根に出来ものが出来ているのを指摘された。
おそらく甲状腺の関係なので大学病院へ行って検査をしてくださいと紹介状をもらった。すぐ翌日に大学病院の内科より内分泌の甲状腺専門医に診察してもらった。

参考:甲状腺機能低下症にかかった他の人の症状は...?

首周りに肉が付いてきて、太ってしまったな、と思っていました。...

(続きを読む)

2人目の子供がほしいのになかなか授かることができず、不妊治療...

(続きを読む)

甲状腺機能低下症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜレボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)を選んだか

一般的にチラージンが多く使われているため、問題がないか当面様子を見ようと薬を飲んだ。副作用等もなかったので、その治療法に落ち着いた

参考:他の人がレボチロキシンナトリウムを選んだ理由は...?

チラージンを毎日飲み続けることでTSHの数値が正常内に戻って...

(続きを読む)

甲状腺は腫れていないし、減ってしまっている甲状腺ホルモンを増...

(続きを読む)

他の人がレボチロキシンナトリウムを選んだ理由をもっと読む

レボチロキシンナトリウムとは

甲状腺機能低下症における、第一選択の薬です。
甲状腺ホルモンを補充して症状を抑える治療法です。症状の強さや年齢などによって異なりますが、通常1日に1回服用します。

「レボチロキシンナトリウム」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

伊藤病院の先生の書籍
インターネットで甲状腺について多岐にわたり調べた

レボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)の効果について

チラージンを毎日1錠飲んで、できものの大きさが小さくなるか経過観察。
一年後、1.5錠にしたが変化なし。
現在は2錠飲んで、数値は安定している。

参考:他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの効果は...?

完治するまでに3か月ほどかかりましたが、徐々に数値が落ち着い...

(続きを読む)

当時、血液検査の結果より6錠からスタートし、1ヶ月後には3錠...

(続きを読む)

他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間4年半
継続中

治療に関する費用

二か月に一度の通院で8000円ほど(触診、血液検査、投薬)

副作用について

ない

参考:他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの副作用は...?

まったくありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたレボチロキシンナトリウムの副作用をもっと読む

甲状腺機能低下症を患っている方へのアドバイス

甲状腺機能低下症は更年期障害などに症状が似ているのでわかりにくいが、投薬をしているのにまただるいなどの症状が出たら、別の病気ではないかと一応診察予約以外にもかかることにしている。
薬は継続して飲むことが大切なので、必ず毎日飲むようにしている。

参考:甲状腺機能低下症を経験した他の人のアドバイスは...?

甲状腺と言えばチラーヂン、となるでしょうが、人によっては副作...

(続きを読む)

完治することはまずないそうです。自覚症状は老化現象と錯覚して...

(続きを読む)

甲状腺機能低下症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年10月16日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

甲状腺機能低下症の体験談をもっとさがす

レボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす