あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

リオチロニンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)とレボチロキシンナトリウム(甲状腺ホルモン製剤)の比較甲状腺機能低下症

適用される患者

すべての甲状腺機能低下症の方

心筋梗塞をおこして間もない方は適応をさけましょう。
※他の薬と相互作用をおこしてしまう場合があるため、他の薬を服用する際は、薬剤師などの指示に従い、間隔をあけて服用しましょう。

すべての甲状腺機能低下症の方

心筋梗塞をおこして間もない方は適応をさけましょう。
※他の薬と相互作用をおこしてしまう場合があるため、他の薬を服用する際は、薬剤師などの指示に従い、間隔をあけて服用しましょう。

他の治療法に比べての優位性

もともと身体の中にある甲状腺ホルモンを補充する方法であるため、副作用が少ないです。 チラージンと比べ、効果が早くあらわれる傾向にあります。
もともと身体の中にある甲状腺ホルモンを補充する方法であるため、副作用が少ないです。

留意すべきこと

永続性甲状腺機能低下症では、甲状腺そのものを治療する方法ではないため、基本的には生涯飲み続ける必要があります。
また、薬が過量となったときには甲状腺ホルモンが過剰にある状態になるため、医師の指示のもと適切な量を服用することが大切となります。
チラージンと比べ、効果が早く消失してしまうため、服用する回数が多くなってしまう可能性があります。

永続性の甲状腺機能低下症では、甲状腺そのものを治療する方法ではないため、基本的には生涯飲み続ける必要があります。
また、薬が過量となったときには甲状腺ホルモンが過剰にある状態になるため、医師の指示のもと適切な量を服用することが大切となります。

副作用と対策

狭心症発作

稀ではありますが、冠動脈中の血流が減少することで、胸の痛みや胸部の違和感、息苦しさを引きおこすことがあります。もともと心臓に疾患を抱えていた方や高齢の方にみられる傾向にあります。

症状があらわれた場合に、すぐ医師に報告しましょう。薬により甲状腺ホルモンが過剰になっている可能性が高いため、投薬の中止や減量を検討します。

多汗

まれではありますが、薬が効きすぎる場合に汗をかきやすくなる、手や指が震えるなどの症状があらわれる場合があります。

症状があらわれた場合、医師に相談しましょう。薬の量の減量を行う場合があります。

副腎クリーゼ

副腎皮質ホルモンが急激に低下し、全身の倦怠感、食欲不振、易疲労感があらわれることがあります。また放置すると嘔吐や下痢、脱水症状や意識障害に進行してしまう可能性があります。

点滴などを行うことですぐにやわらぐため、症状があらわれた場合や違和感をおぼえた際には医師に相談しましょう。

狭心症発作

稀ではありますが、冠動脈中の血流が減少することで、胸の痛みや胸部の違和感、息苦しさを引きおこすことがあります。もともと心臓に疾患を抱えていた方や高齢の方にみられる傾向にあります。

症状があらわれた場合に、すぐ医師に報告しましょう。薬により甲状腺ホルモンが過剰になっている可能性が高いため、投薬の中止や減量を検討します。

多汗

まれではありますが汗をかきやすくなる、手や指が震えるなどの症状があらわれる場合があります。

薬によって甲状腺ホルモンが過剰になっておこっている可能性が高いため、症状があらわれた場合には、はやめに医師に相談しましょう。薬の減量や中止によって症状がやわらぐ場合があります。

副腎クリーゼ

副腎皮質ホルモンが急激に低下し、全身の倦怠感、食欲不振、易疲労感があらわれることがあります。また放置すると嘔吐や下痢、脱水症状や意識障害に進行してしまう可能性があります。

点滴などを行うことですぐにやわらぐため、症状があらわれた場合や違和感をおぼえた際には医師に相談しましょう。

一般的な所要時間

永続性の甲状腺機能低下症の場合、生涯飲み続ける必要があります。

永続性の甲状腺機能低下症の場合、生涯飲み続ける必要があります。

体験談件数

5/全31
26/全31

体験談評価平均

2.4/5.0

疾病平均3.1

3.3/5.0

疾病平均3.1

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の甲状腺機能低下症の治療法

    参照元:(甲状腺結節取扱い診療ガイドライン日本甲状腺学会南江堂2013年,重篤副作用疾患別対応マニュアル平成21年厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1d09.pdf(閲覧日2015年9月3日),ワシントンマニュアル第13版髙久史麿(翻訳),・和田攻(翻訳)メディカルサイエンスインターナショナル2015年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月3日))

    治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。