あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

甲状腺機能低下症の治療法

治療法選択のポイント

  • 日本では薬による治療が標準的な治療法となっています
  • 一過性の甲状腺機能低下症は、薬の服用をやめた場合でも再発の危険があるため、検査や経過観察が必要となります
  • 永続的な甲状腺機能低下症では、薬を飲み続ける必要があります
  • 適用対象:
    すべての甲状腺機能低下症の方
    優位性:
    もともと身体の中にある甲状腺ホルモンを補充する方法であるため、副作用が少ないです。
    概要:
    甲状腺機能低下症における、第一選択の薬です。 甲状腺ホルモンを補充して症状を抑える治療法です。症状の強さや年齢などによって異なりますが、通常1日に1回服用します。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    すべての甲状腺機能低下症の方
    優位性:
    もともと身体の中にある甲状腺ホルモンを補充する方法であるため、副作用が少ないです。 チラージンと比べ、効果が早くあらわれる傾向にあります。
    概要:
    甲状腺ホルモンを補充して症状を抑える治療法です。症状の強さや年齢などによって異なりますが、通常、1日に1~3回服用します。
    詳しく見る

参照元:(甲状腺結節取扱い診療ガイドライン日本甲状腺学会南江堂2013年,重篤副作用疾患別対応マニュアル平成21年厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1d09.pdf(閲覧日2015年9月3日),ワシントンマニュアル第13版髙久史麿(翻訳),・和田攻(翻訳)メディカルサイエンスインターナショナル2015年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月3日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。