あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは

甲状腺のホルモンの低下や甲状腺自体の問題などによって発症することの多い内分泌疾患です。発症には原発性、中枢性があり多くの原因は原発性とされています。
ここでは原発性の甲状腺機能低下症について扱います。原発性のものにも一過性のものと永続性のものがあり、それぞれ治療の方針が異なります。

症状と原因

特徴的なものがなく、はっきりとしないものがおおいとされていますが、易疲労感(いろうかん)や無気力、眼瞼浮腫、寒がり、体重増加、記憶力低下、便秘などの症状があげられます。

体験談

体験談を見るにあたって

一過性の甲状腺機能低下症の場合は、基本的には治療の必要はありませんが、甲状腺機能低下の症状が強い場合には甲状腺ホルモンの補充を行うことがあります。
永続的な甲状腺機能低下症の場合は、一般的には薬によって甲状腺ホルモンを補充する治療を行います。また、甲状腺機能の低下の原因となった薬がある場合は、原疾患の治療を考慮し天秤にかけながら、薬の減量や中止を検討します。

更新日:2017年06月30日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす