あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

男性ホルモン補充療法下垂体前葉機能低下症

概要

男性の性機能不全や男子不妊症を治療する目的で、男性機能の維持の希望に応じて、テストステロン製剤による補充療法が行われる場合があります。
2~4週間の間隔をあけながら、筋肉内注射によって投与が行われることがあります。

他の治療法に比べての優位性

不足している男性ホルモンを補充することで、男性の性機能を正常化できるとされる治療法です。

留意すべきこと

心臓病や腎臓病のある方では、投与によりそれらの症状が悪化する恐れがあるため、慎重な投与が求められます。
また、男性機能の維持の希望に応じて投与するかどうか、また投与を続けるかどうかを決定します。

副作用と対策

疼痛

筋肉内注射により男性ホルモンの補充が行われるため、注射部位に持続する痛みを感じることがあります。

痛みの症状は数日で自然におさまりますが、注射をする際には、同一部位へ繰り返し行わないことや、重要な神経の走行している部位をさけて行うように心がけしょう。

アレルギー症状

薬に対しアレルギー反応があらわれることがあります。発疹や目のかゆみ、発熱など、さまざまな症状がおこる場合があるとされています。重症化すると呼吸困難や急激な血圧の低下、意識消失といったアナフィラキシーへ進展してしまう場合があるとされています。

症状やその発症時期には個人差があるとされています。症状がみられた場合、必ず医師の診断を仰ぎましょう。薬の服用量の調整や変更、中止などが行われます。また、状態に応じて抗ヒスタミン薬やステロイドなどによる治療が行われます。

持続勃起症

男性ホルモンを補充することにより、性的興奮などに関係なく勃起状態が持続することがあります。

症状があらわれた場合は医師に相談しましょう。投与量や頻度を調整することで症状が改善することがあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

※現在調査中です

一般的な所要時間

治療が必要な期間に応じて継続して行います。

適用される患者

下垂体前葉機能低下症の方のうち、男性ホルモンの欠乏により男子性機能不全または男子不妊症の症状がある方

下記の方は適応をさけましょう
前立腺がんなど、男性ホルモンの投与により悪化する腫瘍(アンドロゲン依存性悪性腫瘍)を合併している方、妊婦または妊娠している可能性のある方

更新日:2016年11月11日

参照元:(難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/4017(閲覧日:2016年2月18日),メルクマニュアルhttp://merckmanuals.jp/home/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E3%81%AE%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E4%B8%8B%E5%9E%82%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E4%B8%8B%E5%9E%82%E4%BD%93%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%BD%8E%E4%B8%8B%E7%97%87.html(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

男性ホルモン補充療法についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす