あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

バセドウ病とは

甲状腺は全身の代謝を制御していますが、これを刺激してしまう抗体が体内でつくりだされます。この抗体が過剰に甲状腺を刺激してしまうことで甲状腺ホルモンが多く分泌され、全身の代謝が過度に高まる病気のことです。
こうした自分自身のからだを攻撃する抗体を作ってしまう病気を自己免疫疾患といいます。

症状と原因

特徴的な症状としては、甲状腺の腫れ(甲状腺腫)やまぶたが上へ引っ張られるような感覚、片方または両方の眼球が異常に飛び出しているようにみえる(眼球突出)、頻脈、動機などがおもにあげられます。

体験談

体験談を見るにあたって

治療をうける方の症状や年齢、再発の可能性を考慮し、治療法の選択を行います。一般的には薬物療法が第一選択として行われますが、効果がみられない場合や適用とならない場合には、放射性ヨウ素療法、手術療法などが検討されます。
治療をはやく開始されたい方は手術療法、甲状腺腫を小さくされたい方は放射性ヨウ素療法を選択されることが多いとされています。

更新日:2017年02月06日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす