あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

高血圧症を経験した人からのアドバイス

更新日:2017年06月06日

このページでは、高血圧症にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全88件
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    たかが高血圧、と私の周りはみんな思っています。なんだ、大した事なくて良かったね、と。なってみないとわからない苦しさがあると思います。失った健康を取り戻すのは大変だなと感じます。健康的によく食べ、よく眠り、ストレスはためないこと。当たり前のことができれば苦労しないです。当たり前のことを続けていくのは難しいなと感じます。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    現在はサプリメントなども豊富ですが、健康診断で血圧が高いと出た時には一度診察を受けた方が血管へのダメージも少ないと思う。一生薬を飲むと考えて、気が重くなる方もいると思うが、慣れてしまえば忘れる事もないし、快適に暮らせるのであれば絶対に薬は飲んだ方が良いです。一日一回だし、旅行などでも、かさばるほどの大きさでもないので大丈夫。以前うっかり薬を忘れてしまって、成田空港の診療所へ駆け込み処方してもらったこともありました。薬の名前は必ずどこかにメモしておいて下さい。全く同じではなくても、近いものを出してもらえます。血圧治療の薬はかなり歴史もあり進化もしてるので、安心して飲みましょう。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    毎日血圧をチェックすることが重要と思います。特に起床後30分以内で測定し、週初めの月曜などはストレスから最高血圧が高くなります。その場合2度・3度と測定しなおして数値を確認することが良いと思います。 また、運動をしていないと週末に向けて上昇気味になります。少なくとも週に2回はスポーツジムなどで体を動かすことが効果的です。高血圧は動脈硬化による心筋梗塞等につながっていく恐れがありますので、食事も野菜を多く取ること、肉類も赤身を主体とし、脂身はできるだけ避けた方が良いかと思います。また、運動中はもちろんですが水分の補給はこまめに行って血液の粘度を上げないことも大切です。病院での検診機会があれば血流やコレステロールの数値を確認しておくことが有効でしょう。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧の薬の是非をインターネットで見ることも多くなり、悩むこともありましたが、やはり年齢が高くなると(46才)高血圧によって引き起こされる病気も不安です。 出来る限り健康的な生活に改善して薬に頼らず過ごせるのにこしたことはないと思います。 マッサージをしたり散歩したりすることで心身がらくになって血圧も安定するようです!
  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    血圧の薬は多種多用にあります。飲んでもなかぬか下がらない時は、薬の種類を変えてもらうことを先生にお願いするとともに、塩分制限と運動をすることが必要だと思います。
  • カリウム保持性利尿薬による治療を受けた方からのアドバイス

    最近になって、若年性高血圧の原因として原発性アルドステロン症と言う病気が話題になるようになってきたようですが、私が手術を受けた3年前は、腹腔鏡手術で行われることがほとんどだったものが、今は更に医学が進み、もっと楽に腫瘍にアプローチすることが出来るようになったようです。 私も未だに薬は必要と言えども、手術前よりはかなり体調も良くなりましたし、多くの原発アルドステロン症の患者さんは、術後血圧の薬が全く必要なくなるようです。 高血圧に悩まされている方は、1度主治医に相談して、副腎腫瘍の有無の検査を受けられるといいと思います。
  • ARBによる治療を受けた方からのアドバイス

    普段から食事や生活習慣に気をつけるにこしたことはないですが、高血圧症の原因が他の既往症だった場合、なかなか治療の効果がすぐにあらわれず、またその原因を調べるのにも検査を繰り返したりして体調が改善するのにだいぶ時間がかかりました。私の場合出産、心臓肥大からの高血圧症ということもあって体調が落ち着くまでに6年位かかりました。薬の服用でも身体の調子は落ち着くと思いますが、とにかく身体を休めることが一番だと思います。
  • ARBによる治療を受けた方からのアドバイス

    まずは、一年に一度は健康診断に行っていただきたいです。早ければ、少ない量の薬で落ち着きましたので早期治療をお勧めします。本当は、運動などするなら健康の為には良いと思います。食事も、減塩を心がけることが大切だと思います。

    50代男性の家族(この人の治療体験)

  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧は死因の上位に入っている病なので、症状が出始めたら早めに病院で相談して医師から指導や処方してもらうことをおすすめします。場合によっては、母のように薬を使わずに食事療養や運動療法で良くなることもあります。また、普段から食事の内容には気をつけて、甘いものや御飯やパンなどの炭水化物、塩分の高いもの、塩辛いものは出来るだけ減らすことと、ウォーキングやスイミングなど、無理のない範囲で運動することをおすすめします。

    50代女性の家族(この人の治療体験)

  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    減塩の方法は面倒かと思いますが中には栄養士の方とお話ができたりする所もあります。 話をしながら楽しく食事療法をしてみてください。
  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    まずは生活習慣を見直してみてください。もしそこで治せるものがあれば治した方が自分のためになると思います。 辛い入院生活やほかの病気も呼び起こしてしまう高血圧症ですから、まずは、運動や食事を改善し、家族もそれにきちんと付き合ってあげることが大切かと思います。

    40代男性の家族(この人の治療体験)

  • ARBによる治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧治療は、ほぼ一生のお付き合いとなる治療となります。 ここに至るまでには原因は脳なんだろうか、副鼻腔炎からの症状なんだろうかと右往左往していたものでした。 家族は健康診断で見つけてくださったお陰で今では何不自由なく暮らせております。 血圧が範囲内に入ったからといって勝手に止めると、高血圧が進行して動脈硬化が進み脳卒中や心筋梗塞や大動脈疾患になり命を脅かします。 疑いがありましたら、早期治療開始をお勧めします。

    30代男性の家族(この人の治療体験)

  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    私は高血圧になってから生活習慣を変えました。薬だけに頼るのではなく生活習慣を変えることが必要です。ただ薬を飲めば治るとの考えをもってしまうとは思いますが薬を飲まなくても普通に生活できるように日常から生活習慣を大事にするべきです。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    最初に高血圧と言われたときは年を取った男性のものというイメージがあったので驚きました。また血圧の薬は長く服用することになるので嫌でした。 でも自分で症状がないのが怖いのだと医師に言われました。 日ごろから血圧を測ること、医師の診断を仰ぐことが重要だと思います。
  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    やはり、食事療法や運動は大切だと思います。無理はせずにまず自分に合った運動をした方がいいと思います。私の場合はプールに行きました。プールでウォーキングを始めました。激しい運動ではなく軽くて続けられる運動が良いと思います。
  • 運動療法による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧は塩分を控えるようにと言われていますが、塩分だけを控えるのは難しく、食事の絶対量を減らすことと毎日の運動を継続することがとても大事です。腹八分目、朝:昼:夜の御飯の割合を3:5:2にする、それと毎日1時間~2時間歩く。これだけでかなり体重が落ち、血圧が下がりますので、是非試して下さい。思ったより早く効果が出て驚かれると思います。
  • ARBによる治療を受けた方からのアドバイス

    血圧を測ることはない方も多いと思いますが、高い方は早めに治療をおすすめします。高血圧は継続して行なう治療ですので、薬代がどれくらいになるか不安がありますが、ジェネリック薬品の開発で、この薬のように安く治療ができます。1ヶ月にすれば700円程度ですので、負担も少なくて済みます。
  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    血圧が高いと普段の生活に影響が及ぼす時があります。 自分に甘えず、厳しくする必要があります。 生活習慣を一気に変えるのはストレスを溜めてしまうので、少しずつ無理なくコツコツとやっていく事が近道です。

    50代女性の家族(この人の治療体験)

  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    運動療法は有酸素運動です。ダイエットにもいいしなんといっても季節の移ろいも肌で感じることができますし、こんなところにこんなお店がある等と新しい発見もあります。なんだか脳も使っている感じがするので認知症予防になるかなと思っています。 無理をしないで自分の体調と相談して行うと長続きします。徐々に体調がよくなっていくのがわかりますので楽しみながらしましょう。
  • 運動療法による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧は、生活週間によるもの、また、いでんてきな要因もございますが、なにより、運動や、食事による、治療が大切になってきます。 薬により、おさえることは、かのうですが、根本的な生活週間を見直す必要があります。

    60代男性の家族(この人の治療体験)

  • β遮断薬(含αβ遮断薬)による治療を受けた方からのアドバイス

    血圧の薬は一生止められないと言われますが、日々の運動・食事に気をつけていれば徐々に薬も減っていき、止められる可能性があります。 食事療法は大変そうに思われますが、少しの工夫で簡単に塩分を抑える事もできます。朝食・昼食はなるべく塩分を抑え、夕食は普通に作る。おかず数品の中で1品だけ普通に作り、残りは塩分を控える、等。 運動はなかなか時間がとれないですが、エレベーター・エスカレーターを階段に変える事である程度の運動になると思います。 軽・中度の高血圧は放置しがちの方が多いですが、命に関わる重大な病気に罹る可能性が高いので早めの治療が大事です。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧は、適度な運動に日常生活においての食事の管理(減塩等)、又飲酒等がかなりの要因で起きる病気だと思います。 又、遺伝的な要因もあり、両親どちらが脳血栓や動脈硬化を発症している場合も気をつけなければならないと思います。 家族や周りのサポートが必要です。
  • 血管拡張薬による治療を受けた方からのアドバイス

    リハビリ、マヒ等がない人もカンタンな体操等で身体をほぐし、血流をよくする。 睡眠をたくさんとり、ストレスためない生活にきりかえることで薬の量が減ることがある。 血圧の薬を飲んでいると基本的に車の運転が出来ないしグレープフルーツを食べられなくなるという制約が多くなる。
  • 運動療法による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧症は、診断されると生涯、付き合わなければならない病気です。食事療法では、特に塩分などを制限されるため、薄味の料理が多くなりますが、慣れてしまうと意外と食べられます。 運動療法は激しいものではなく、軽度のウォーキングから始めてみるといいです。

    60代女性の家族(この人の治療体験)

  • 運動療法による治療を受けた方からのアドバイス

    ダイエットが優先で血圧を下げようとする為には、運動も必要かと思いますが、私のように他に病気がある場合は運動はかなり難しいですし、かえって持病を悪化させストレスで血圧もあがってしまう場合もあります。又、食事に制限をかけるにも家族がいる場合は、自分だけメニューをかえる訳にもいかず難しいです。生活に余裕がある方はできるかもしれませんが…。
  • ACE阻害薬による治療を受けた方からのアドバイス

    高血圧症はひどくならないと症状があまり出現しない疾患です。本人も特に症状もなく健康だと思いがちな方もいらっしゃるようなので家族の病院受診への声かけも必要ではないかと思いました。高血圧症にはたくさんの治療法があるので家族と話し合って自分自身に良い治療法を選択できるのではないかと思います。

    50代男性の家族(この人の治療体験)

  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    まずは生活習慣が大切なのだということです。濃い味付けの食事がおいしいのもわかりますが、入院することになると濃い食事に慣れている人にとってはとても味けない食事になってしまうでしょう。ですが、普段から薄味に慣れてしまうと病院食ですら充分な味付けなのです。どうしようもない時は病院にかかるのは当たり前ですが、普段から予防医学に力を注いでいくのが一番の近道です。
  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    日頃からの減塩がとても大切だと思います。 日頃から減塩に気をつけていれば防ぐことも出来ると思いますので、毎日とはいかなくても、減塩を頭の隅において生活していくことが何よりの治療法です。

    50代男性の家族(この人の治療体験)

  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    こまめに通院できない場合などは医師の判断で長期にわたり投薬を受けることもあると思います。 副作用がない場合は薬に頼ってしまいがちですが、金銭的にも負担になることもありますのでやはり自分でこまめに血圧測定して状態を把握してそれを医師にきちんと伝え、相談していくことが大事だと思います。
  • 食事療法による治療を受けた方からのアドバイス

    血圧を下げる薬の副作用は人によって、出方は様々だとは思いますが、主人はかなりのものでした。 とまらない空咳に赤ら顔、、このままでは人相が変わってしまうと強く思いました。 そのため、食事を徹底したのですが、大変ではありますがかなり良くなっていきました。 また、高血圧症を意識して運動も取り入れた事で健康的に痩せる事もできました。 家族がなった場合、ケアしていく周りも大きな負担となります。 薬で血圧を下げるのも良いかもしれませんが、食事や運動で健康的に改善していく事をおススメします。

    40代男性の家族(この人の治療体験)

もっと読む