あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

高血圧症の体験談

生まれて初めての入院だったのでそのシステムがよく判りませんでした。高血圧に関しても病院任せでこちらで選ぶということはありませんでした。

患者との関係:本人患者:20代男性治療時期:1987年12月

高血圧症とは

心臓から送り出された血液が、動脈の内壁を押す力を「血圧」といい、体のすべての血管に存在します。心臓が血液を押す力と血管の広がりで決まる「血圧」が、診察室で繰り返し測定したときに、常に正常値よりも高い値になっている状態をいいます。
高血圧とされる血圧値は、上腕動脈を計測した時に140/90㎜Hg以上とガイドラインで定められています。

高血圧症の症状

満足度

高血圧の原因は嚢胞腎であることがわかりましたがその治療法は無いということだったのでこの選択にしました

副作用

治療履歴

1987年12月からアルドメット

病気と症状について

頭痛が頻発して仕事も休むことが多くなって来たので近所の内科医院を受診しました。
問診の時、血圧を測ったところ上が150以上あり、高いということもあり総合病院を紹介されました。
その総合病院でも血圧が高いので入院して検査する必要があると言われ後日入院ました。この入院で副鼻腔炎が治り、嚢胞腎であることがわかりました

参考:高血圧症にかかった他の人の症状は...?

私は2015年5月、普段滅多にない頭痛や倦怠感に襲われました...

(続きを読む)

最初はよく行く婦人科医で更年期障害について相談した折に血圧を...

(続きを読む)

高血圧症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ中枢性交感神経抑制薬(降圧薬)を選んだか

生まれて初めての入院だったのでそのシステムがよく判りませんでした。高血圧に関しても病院任せでこちらで選ぶということはありませんでした。

参考:他の人が中枢性交感神経抑制薬を選んだ理由は...?

とにかく頭痛が酷くて血圧も高かったので、早く正常値にしてほし...

(続きを読む)

中枢性交感神経抑制薬とは

脳に働きかけて交感神経活動をおさえることで血管が広がり、血圧を下げる飲み薬です。
ナトリウムや水分をためやすくなるため、多くの場合、利尿薬と併用されます。
この薬のひとつ「メチルドパ」は妊娠中の高血圧症にも使われます。
主に「グアナベンズ」や「クロニジン」「メチルドパ」などを使用します。

「中枢性交感神経抑制薬」の概要

中枢性交感神経抑制薬(降圧薬)の効果について

副作用さえなければ血圧はある程度コントロールできていたと思います。退院後の通院でアルドメットのことを話すと先生はすぐに中止し、ヘルベッサーに変わりました。が、これも動機や徐脈で中止になりエースコールに変わりました。これも副作用で中止になり頭痛も数が減ったこともあり薬を飲まない時期もありました。
そして退院から9年後、1996年11月、住宅の現場監督の仕事中セメントの持ち上げた瞬間、強烈な頭痛がしました、
夕方会社に冷たい戻り缶ジュースを飲み数歩歩いたら左足の膝の力が抜けました。忙しくて昼食を食べなかったからだろうと思いました。仕事も終わり帰宅の為のバイクに乗ってもエンストしてしまいギアも変えられない状態になりました、その時点で調子が悪いのはバイクではなく自分の体だと気づきました。なんとか自宅まではたどり着きましたが転んでしまいあるくこともままならなくなり救急車を読んでもらいました。

治療期間

入院期間、1.5ヶ月

治療に関する費用

入院1ヶ月 約4.5万円

副作用について

退院後、数週間後のある日の日中、部屋で横になっている時、仰向けで所謂金縛りの状態になり、鼠が私の首元でカリカリ音をたてていました、手で払いのける事も出来ない気持ち悪い時間でした。
入院中、医師から多くの説明を受けることがなかったので退院後、嚢胞腎のことについて図書館で調べたり、高血圧や薬のことに関する本を数冊読みました。
それらの中からアルドメットの副作用の項目を見ると悪夢、幻覚というものがあり上記の内容が副作用であると思いました、後から考えると入院中、服用開始1週間後にもよく似たことがありました

参考:他の人が感じた中枢性交感神経抑制薬の副作用は...?

アルドメッド:なし アムロジン :服用後2週間くらい心拍数...

(続きを読む)

高血圧症を患っている方へのアドバイス

もしかするとまだ降圧剤が必要な段階では無いかもしれませんしすぐ始めないと命に関わる場合もあるかもしれません
降圧剤を選択するのは医師でも難しいと思うので自身でもよく調べて医師とよく話して決めたほうがいいと思います。

参考:高血圧症を経験した他の人のアドバイスは...?

私は高血圧になってから生活習慣を変えました。薬だけに頼るので...

(続きを読む)

最初に高血圧と言われたときは年を取った男性のものというイメー...

(続きを読む)

高血圧症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年11月20日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる