あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

運動療法高血圧症

概要

高血圧は生活習慣病の一つであるため、運動をはじめとする生活習慣の改善は降圧効果が期待できます。
有酸素運動は降圧効果が確立されています。ウォーキングや水泳などの有酸素運動を中心に、定期的に運動を行いましょう。レジスタンス運動(筋力を鍛える運動)やストレッチ運動を組み合わせるとより有用とされます。また毎日合計30分以上を目標にすると良いとされています。
体重はBMI値25未満が目標ですが、約4KGの減量で降圧効果が期待できます。

他の治療法に比べての優位性

普段の生活に取り入れることができ、低コストで比較的安全に行える治療法です。 降圧薬の効果を高め、薬剤数と用量を減らすことができます。投与前のみではなく投与開始後も積極的に進められる治療法です。

実際に治療を受けた方が選択した理由

原因もよくわからないし、自分なりにストレスをなくすのが一番だと、その時は思ったので、実行しました。
薬を飲むとなぜかだるさを感じたりしたので。あとある本やWEBの記事で薬に対する不信感をおぼえるようになったため。
右手が全く動かず、歩くことも出来ない状態でした。 言葉も今までのようにハッキリと話せず 物忘れ等も酷かった為です。

40代男性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

過度な運動はかえって血圧の上昇を招きますので、激しい運動は慎重に行い、適度な運動を心がけましょう。
III度を超える血圧の方はリスクが高いため、降圧後に行うようにしましょう。メディカルチェックを行ったのちに判断しましょう。
高齢者の方はメディカルチェックを行った後に治療の方針を決めましょう。

実際に感じた効果

その時々で血圧が高くなったり、下がったりまちまちなので 効果があるのかないのかわかりません。印象に残った…というのはそういう意味でということもあります。
2015年2月:154/116mmHg 2015年7月:131/93mmHg 2015年11月:129/86mmHg ※上記の結果は他の治療(食事療法、投薬)を併用した結果です。
スポーツクラブではエアロビクスや有酸素マシンの機械で30分以上、有酸素運動を心がけました。 そしてなるべく歩くことを心がけました。 今もそれらを意識して、血圧も正常値に落ち着いています。

実際に感じた副作用

運動なので、副作用的な事はないです。でも、身体に負担がかかって疲れてしまう事はしょっちゅうあります。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

運動療法、食事療法以外に投薬治療を行っていました。 1ヶ月の費用は4000円ぐらい

40代男性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

治療期間:長期間

適用される患者

II度以下の血圧値の方

以下の方は適応を避けましょう。
III度を超える血圧の方
以下の方は注意が必要です。
高齢の方

更新日:2017年11月13日

参照元:(高血圧治療ガイドライン2014日本高血圧学会http://www.jpnsh.jp/guideline_digital.html(閲覧日:2017年10月28日)_x000D_,厚生労働省「平成22年度国民健康・栄養調査結果の概要http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb.html(閲覧日:2017年10月28日),国立循環器病研究センターhttp://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/hyperten(閲覧日:2017年10月28日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年10月28日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

運動療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす