あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

水頭症(正常圧水頭症)の体験談

難しい手術であったこと、管は抜かなくても大丈夫だということ。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:2001年3月
ドレナージドレナージ

水頭症とは

脳に髄液とよばれる液体が染み出し、脳の中央部分(脳室)を拡大させ、脳全体を圧迫することで症状があらわれる病気です。認知症のような症状をはじめ、精神活動機能の低下、歩行機能の障害等が顕著にみられることも多く、認知症の原因として考えられることもあります。

水頭症の症状

満足度

術後、後遺症が残らず、また命が助かったからです。
母から、助かるかどうかわからない、助かっても何らかの後遺症が残ると医師から言われていたそうで、とても喜んでいた

副作用

治療履歴

2001年3月頭にたまった水を抜くための手術を行う

病気と症状について

小学生のころから食事がとれなくなり、よく転んでいました。転んで、手が出ずあごを切り6針ぬったこともありました。食事がとれないことで、こども病院の精神科を受診していました。2000年12月、病院受診日に学校で給食を無理やり食べさせられおう吐し、それを知った母が病院で精神科医に相談し入院になりました。入院して水分制限をされるとさらに食事がとれなくなり、鼻管を入れてそこから栄養を入れていました。
いろいろな検査をされ、MRIで脳腫瘍による水頭症だとわかりました。
私は当時小学4年生で、水頭症だということは両親が医師から告知されていました。
私は母から、頭にお水がたまってるからそれを抜かなきゃいけない、そのために手術をして頭の中に管をいれなきゃいけない、と説明を受けた覚えがあります。

参考:水頭症にかかった他の人の症状は...?

偶然、頭部を打撲。数日たっても痛みが消えないことから、脳神経...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

普通分娩で出産した赤ちゃんです。 医師からは「背中に瘤があ...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

水頭症にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜドレナージを選んだか

難しい手術であったこと、管は抜かなくても大丈夫だということ。

参考:他の人がドレナージを選んだ理由は...?

それまで辛かった頭痛、尿漏れ、歩くのが不自由だったのが、ドレ...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

ドレナージとは

脳室または腰椎から脳内にある余計な髄液を排出する方法です。
外部に髄液を出していくため、頭蓋内圧が高まることで進む症状を一時的、緊急的に抑制させます。また、他の手術前後の状態管理のために行なわれる場合もあります。

「ドレナージ」の概要

ドレナージの効果について

水頭症の後遺症なのか、腫瘍の後遺症なのかわかりませんが、脳下垂体機能低下症(下垂体機能障害)になり
生きていくのに必要なホルモンが出ていないこと、中枢性尿崩症がわかりました。
そのため、一生薬を服用しなければなりません。
成長ホルモンは内服薬がないので、自己注射。
女性ホルモンの薬を定期的に服用し、生理をおこしています。妊娠・出産は難しいといわれています。

参考:他の人が感じたドレナージの効果は...?

ドレナージ自体は、局部麻酔をした上で腰から髄液を抜くだけなの...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

治療期間

術後、脳腫瘍をとるために抗がん剤と放射線治療を受けました

治療に関する費用

小学生だったのでわかりません

副作用について

手術のために髪が抜けました

参考:他の人が感じたドレナージの副作用は...?

特に副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

水頭症を患っている方へのアドバイス

ドレナージ手術を受けて、髪がないことは小学生だった私にとってはとても恥ずかしかったです。
頭を保護するため、髪がないことを隠すため、深めの帽子をかぶっていました。
退院したのが夏だったので、頭がむれて、でも帽子をとるのは恥ずかしくて我慢してました。
かつらも考えましたが、値段が高いこともあり両親から却下されました。
今は、医療用のウィッグなどもありそういうのを使うのもいいと思います。

参考:水頭症を経験した他の人のアドバイスは...?

最初は不安でしたが、シャント手術自体は1時間足らずで終わりま...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

私の場合はたまたま良い先生に巡り会えたので、選択のアドバイス...

(続きを読む)

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

水頭症を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年02月09日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる