あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

シャント手術(V-Pシャント、V-Aシャント、L-Pシャント)水頭症(正常圧水頭症)

概要

脳に溜まってしまった髄液を他の場所に流していけるように新しい道筋(バイパス)を作る手術です。
バイパスをどの部分に作っていくかによって細かな名称は変わってきますが、基本的に目的は同じとされています。

■脳室-腹腔シャント:脳から腹部へ髄液の流れを作る手術で、もっとも多く行われている

■脳室-心房シャント:脳から心臓付近の静脈へ髄液の流れを作る手術

■腰椎-腹腔シャント:腰椎から腹部へ髄液の流れを作る手術

他の治療法に比べての優位性

水頭症の治療法の中で第一選択とされています。また、機器を体内に取り込み髄液を循環させるため長期的な効果を期待できます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

脳内に異物を入れることは怖かったのですが、シャントを設置することがこの子に取って楽になるのなら、と決めました。 おそらく一生取れる事はないでしょうし、完治することもないのでしょうが、少しでも生きやすいようにと考えました。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

説明を受けた時に、「一般的な治療法はVPシャント術です。」と言われたので、お願いしました。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

無呼吸発作がでてきており、緊急で対策をとらなければいけなかったこと、頭囲の拡大が続いているので、今後ずっと拡大しないようにコントロールしないといけないことから、シャント術を選択しました。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

わずかではありますが、治療を受ける方によってはアレルギー反応や炎症をおこしてしまう可能性があります。また、体内の機器の関係で、磁気を帯びたものを機器に近づけることができません。

実際に感じた効果

シャント術をすれば頭囲拡大はなくなるかと思ってましたが、うちの子の場合はその後も拡大があり、こまめなシャント圧の調整が必要でした。腹腔にシャントの先を通しているので、腹圧の関係などもう少し知識を入れておけばよかったなと思います。現在までシャント不全などもなく順調に過ごしています。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

副作用と対策

シャントトラブル

シャントの閉塞や断裂、逸脱などによってシャントが正常に機能しなくなった場合、水頭症の症状や脳ヘルニアといったシャントトラブルがおこる場合があります。それにより、呼吸困難や意識障害、頭痛、嘔吐などの症状があらわれることがあります。

気になる症状があらわれた場合はただちに医師に相談するようにしましょう。必要に応じて手術を行う場合があります。

意識障害

髄液の排出が上手くいかず、過剰排出した場合には、意識障害などがおこることがあります。また、時間の経過によって脳ヘルニアや、髄液を流す管(ドレーン)が閉塞してしまうリスクが高まります。

髄液の排出は基本的に最小限に抑えておくのが良いとされ、15~20cmH2Oとし、過剰排出、過少排出を予防します。意識がうすれるなどの症状があらわれた場合、すぐに医師に相談するようにして、適切な処置を受けるようにしましょう。

感染症

手術を行った部位に細菌が入り、増殖することで感染症をおこし、発熱したり手術部位に膿や痛みの症状があらわれることがあります。また、肺炎など術後の抵抗力の低下により発症する感染症もあるとされます。術後、熱がなかなか下がらない場合や、血液検査において炎症を表す数値が高い場合、手術を行った部位の外観の異常で術後感染症の有無が判断されます。

手術前に抗生物質を使用することにより、細菌の感染を防ぐことがあります。感染した場合でも、軽症の場合は洗浄により症状が次第に良くなることもありますが、 重症の場合は傷を開いて深い所まで洗浄を行うことがあります。その際には麻酔をかけて行うこともあります。

痛み

菌が体内に入り込んだことで炎症をおこす場合があります。腹膜炎、脳室炎、髄膜炎を引きおこすことで、発熱や痛みなどがあらわれます。

疑わしい症状があらわれた場合はすぐに医師の診断を受けましょう。必要に応じて手術を行う場合があります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

頭痛が酷かった。吐き気もあり非常に不安な気持ちになった。医者が患者にもっと寄り添ってほしい
シャント圧を下げて減圧した後に、少しの間意識がぼんやりした時がありました。それ以外では副作用などは何もなかったです。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

費用

総医療費として1,000,000円ほどかかることが多いとされています。

(年齢によって金額に対し1割~3割自己負担、または、高額療養費制度を利用することで、自己負担を少なくすることができます。)

実際にかかった費用

健康保険と乳児医療証のおかげで自己負担金はミルク代とオムツ代のみです。1か月およそ4万円。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

3週間ちょいの入院でした。 本来は300万以上の所、乳幼児医療のお陰で、2万ぐらいに収まりました。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

入院にかかった医療費は乳幼児医療と育成医療(申請必要)でまかなわれたので、負担は300円程度でほとんどありませんでした。 明細書に書かれた医療費は30万は超えていたと思います。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

手術を含めた入院期間は10~14日程度が一般的とされています。手術時間は個人によって大きく変わりますが、手術をした翌日からリハビリを始めることも可能とされています。
また、症状は手術直後よりも、数ヵ月後の方が改善されることが多く、時間の経過によって症状が改善していく傾向にあります。

適用される患者

腰椎-腹腔シャント以外の手術は基本的にすべての水頭症の方が対象です。

非交通性水頭症の方は腰椎-腹腔シャントをさけましょう。また、悪性腫瘍(がん)がある方は転移を予防するため、シャント手術はできない場合が多いとされています。その際、長期ドレナージで対応をすることがあります。

更新日:2016年11月11日

参照元:(難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/1559(閲覧日:2015年9月10日),東邦大学医療センター大橋病院http://www.ohashi-neurosurgery.com/hydrocephalus(閲覧日:2015年9月10日),近畿大学医学部脳神経外科http://www.med.kindai.ac.jp/nouge/disease/informed/4/6.html(閲覧日:2015年9月10日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月10日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

シャント手術以外の治療法をさがす

シャント手術と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

シャント手術(V-Pシャント、V-Aシャント、L-Pシャント)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす