あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

血友病

血友病とは

血液を固める成分の第VIII因子または第IX因子が血液中に不足することでおこる病気です。出血の際に血が止まりにくくなります。血友病はいくつかの遺伝子の異常が原因とされ、通常では、男性のみに症状があらわれ女性は保因者となります。

症状と原因

症状の重さはさまざまとされています。
■軽度:手術やけがの際に出血が止まらなくなるなどがあります。軽度のものでは、大人になってから症状があらわれることが多く、病気の発覚が比較的遅いとされています。
■重度:理由のない出血が多発することがあります。また、重度のものは子どもの頃から症状があらわれます。

体験談

体験談を見るにあたって

一般的に血友病の治療の基本として補充療法が行なわれます。
出血時に注射をする方法と、あらかじめ出血がおこらないように予防的に注射をする方法があり、病院で行う場合や家庭などで行う家庭療法とに分けられます。

第一選択として、血液凝固因子製剤を定期的に家庭で投与する方法があります。家庭で投与を行う際は、事前に投与方法の指導が行われるため、投与量についてもきちんと説明が行なわれます。また、家庭で行うことにより通院の必要がなくなります。

血友病の方の症状にあわせ治療が行なわれます。
軽症から中等度の血友病Aの方は出血時のみデスモプレシン療法が行われ、からだの中でインヒビターがつくられている血友病の方には、バイパス療法または中和療法が行なわれます。

更新日:2018年11月16日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす