あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

舌咽神経痛

舌咽神経痛とは

舌の後ろ約3分の1の範囲や口の上側、喉、耳の後ろなどに、刺すような痛みや電撃を当てられたような痛みがおこる病気です。
三叉神経痛は日中に症状が多くおこるとされていますが、舌咽神経痛の場合、夜間にも痛みがおこる場合があります。
数日から数ヶ月と症状がおこり、突然自然治癒することがありますが、自然治癒した場合でも数ヶ月後に再発する場合があります。
この病気は三叉神経痛やラムゼーハント症候群、歯痛、顎関節異常、扁桃腺炎、舌咽頭炎などさまざまな病気との鑑別が必要となることがあります。

症状と原因

あくびやくしゃみ、食べ物の飲み込み、会話など、口や舌の運動によって粘膜が刺激されたことにより、刺すような強い痛みの発作がおこる場合があります。

体験談

体験談を見るにあたって

薬物治療と外科的治療の2つに分けられます。
■薬物治療
薬物治療はガバペンチン、カルバマゼピンなどの抗てんかん薬や局所麻酔薬の使用、またはビタミンB12の静脈注射や内服、の2種類に大きく分けられます。
■外科的治療
小さなスポンジを舌咽神経が圧迫されている箇所へ挟むことで圧力をやわらげる方法などがとられます。

現在舌咽神経痛の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。