あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

緑内障

緑内障とは

眼圧がたかまり、目が固くなる病気です。眼圧がたかまることによって、目に入る情報を脳へ伝達する視神経が圧迫され、視野や視力に障害がおこります。
また失明する恐れもあり、緑内障は日本における失明原因の25%ともっとも高い割合を占めています。

症状と原因

視野が狭くなるといった視野障害が一般的な症状です。急性の場合は、頭痛、目の痛み、吐き気といった症状もあらわれます。両目が同時に進行することはまれで、普段は両目を使っているため片方の目に障害がおきても症状に気づきずらいことが多いです。慢性の場合、初期段階ではほとんど自覚がないまま病気が進行します。

体験談

体験談を見るにあたって

1度障害を受けた視神経は元に戻らず完治がのぞめないため、緑内障治療は病気の進行を遅らせることを目的としています。もっとも一般的な治療は薬物療法です。緑内障のタイプ、重症度、眼圧の高さに応じて、薬を選択します。1種類の薬物による効果が不十分な場合は、複数の薬物を用いて治療します。それでも病状の進行が止まらない場合には、レーザー治療、手術療法と段階的に外科的な治療が行われます。

更新日:2017年05月30日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす