あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

全般性不安障害に関する質問

一年前に不安障害を発症し、現在もメンタルクリニックに通院しています。発症後...

2155 さん

関係:本人

患者情報:20代女性 治療期間: 〜1年

一年前に不安障害を発症し、現在もメンタルクリニックに通院しています。
発症後一カ月はベットから起き上がることもできなかったため当時の仕事を辞職し、現在はアルバイトという形で短時間での復職をしています。
そこで質問なのですが、現在私は精神状態も安定していることから減薬を行っており、精神科の先生から睡眠薬は処方されていますが、「必要時のみの服用」といわれています。
しかし、バイト(朝早い)の前日や家にいて体力的に疲れていない日などは眠れるか不安で、仕事で疲れた日以外は服用している状態です。
みなさんは、減薬段階のときにどうやって服用をやめていましたか?
また私と同じように不安になったりしたのでしょうか?

長文失礼いたしました。

使っている薬: ロプラゼプ酸エチル1mg(0.5錠)・ゾルピデム酒石酸塩錠5mg(0.5錠)

0
みんなの回答数:3 件
投稿日:2016年11月30日 投稿ID:3069

みんなの回答(3件)

  • 2324 さん

    関係:本人

    患者情報:40代 治療期間: 10年以上

    私は10年ほど前に発症し、睡眠導入剤と安定剤は欠かせません。質問者様のように仕事の前日は特に眠れなかったらどうしよう。。。と不安で薬を多めに飲んでしまいます。私の主治医は、今は薬を減らす段階ではないと仰ってくれて、フルタイムで働いて子供が思春期のため、ストレスが相当だろうから、ストレスが無くなったら少しずつ薬を減らしていけばいいと。
    クスリを飲んでいることに罪悪感を持ってはいけないと言われています。そのストレスが病気を悪化させるものだと。いつか必ず薬を必要としなくなる時が来るので、それまでのんびりと治療しましょうといったスタンスです。主治医の先生がどうしても断薬を勧めるのであれば、最初は薬を3/4にカットして飲む。それを1週間続けて大丈夫なら、次は半分にカットしてみる。次は飲む日と飲まない日を交互にしてみる。といった方法がよいのではないでしょうか?

    0
    投稿日:2016年12月19日投稿ID:3991
    • 2155 さん

      関係:本人

      患者情報:20代女性 治療期間: 〜1年

      回答ありがとうございます。
      そして返信が遅れてしまい申し訳ありません。
      2324さんのご意見を伺って、クスリを飲んでいることに対しての罪悪感を感じたいた自分にきづかされました。ありがとうございます。
      2324さんの仰るようにカットしての服用を実践しようと思います。
      皆さん不安な気持ちになること、自分だけではないと安心しております。
      アドバイスありがとうございます。

      0
      投稿日:2017年03月02日
      投稿ID:1180
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 2935 さん

    関係:本人

    患者情報:30代 治療期間: 10年以上

    私も以前眠れない時期がありました。
    次の日に仕事があったり大切な用事があったりすると、眠って体力温存しておきたいと思っていながらも全然眠れなくて、焦ってしまってました。
    ひどい時は眠れなかったらどうしようと思ってしまい動悸がしてきて、必死で平静を装おうと呼吸を整えてみたりとあがいてしまって、余計に眠れずでした。
    当時は眠らないことは身体に悪いなどの思い込みが強かったので何が何でも寝なくては!という感じでした。
    実際は少しくらい寝なくても死んだりしないし、本当は別に眠くないなら寝なくてもいいやとか開き直るくらいがいいのでしょうね。
    しかし不安障害の真っ最中だとそのように思えませんし、辛ければ薬に頼っていてよいと思います。
    そのうち徐々にですが良くなっていきます。
    減薬方法ですが、私も他の回答者様と同じで、例えば20mgを2週間、10mgを2週間、半分に割って2週間、4分の1に割って2週間、それを1日おき、2日おきなど、徐々に減らしていきました。

    0
    投稿日:2017年02月17日投稿ID:5053
    • 2155 さん

      関係:本人

      患者情報:20代女性 治療期間: 〜1ヶ月

      回答ありがとうございます。
      2935さんの仰るとおり、眠らなくてはと思い、余計に眠れないというのを繰り返しております。温かいご配慮ありがとうございます。
      やはり徐々に減らしていく方法が精神的にも無理がなく続けられそうです。
      眠くないなら寝なくていいというのは、新鮮な考えです。
      病気や性格が原因だとは思うのですが、別の視点で考えることが苦手なので、「確かに言われてみればそうだ!」ととても気が楽になりました。
      ありがとうございます。

      0
      投稿日:2017年03月02日
      投稿ID:1181
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 2647 さん

    関係:本人

    患者情報:30代女性 治療期間: 〜3年

    私も以前うつ病と不眠症に悩まされていましたが、仕事の前日に睡眠薬は飲めないしとても困っていました。ネットで調べると睡眠薬ではないグッスミンという睡眠導入サプリメントというものがあると知り、通販で購入し服用しましたがとてもぐっすり眠れ良かったです。目覚まし時計が無くても朝の6時過ぎにスッキリ起きられるのでびっくりしました。胃が弱いため病院の強い薬が苦手でしたがそういった心配もありませんし通院するより安く済むので仕事の前の日は必ず服用しています。

    0
    投稿日:2017年02月17日投稿ID:5063
    • 2155 さん

      関係:本人

      患者情報:20代女性 治療期間: 〜1ヶ月

      回答ありがとうございます。
      グッスミン…早速試そうと思います。目覚ましなしで起きられるなんて夢のようですね。
      睡眠薬独特の朝の体のダルさがとても苦痛で、しかし眠れないのも精神的にしんどいな…と思っていたのでとても助かります。
      是非試させていただきます。
      近い病気の方のオススメなどはなかなか聞けないので有難いです。
      教えていただきありがとうございます。

      0
      投稿日:2017年03月02日
      投稿ID:1182
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。

あなたの回答をお伝えください

あなたの優しさがお悩みの方の力になります

経験を教えてください

10文字以上でご記載ください。

現在:0文字 /10文字

どなたの出来事か教えてください

治療期間

対象の方の性別

対象の方の生まれた年

※「30代」など世代の表示に利用します

【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。回答はなぜその考えに至ったかの理由と背景をお書きいただくと、より相手に伝わります。
  • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
  • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
  • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。