あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

インスリン抵抗性改善薬脂肪肝(脂肪変性)

概要

血糖値を下げるインスリンの作用に異常がおきると血糖値が高くなってしまいます。2型糖尿病では、体内にたくさんインスリンが存在していても、うまく作用せずにいる状態となります。この状態がインスリン抵抗性とよばれ、この薬はその抵抗性を改善させインスリンをうまく作用させます。

他の治療法に比べての優位性

インスリンの抵抗性を改善させるため血糖値が下がり、代謝の向上が期待でじきます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

ただ医師の勧めを実行しただけ、他の選択肢や治療法についてよく知らなかった。また高額になっても仕方ないと思った。
クリニックの医師の先生により、服用回数も多過ぎない、副作用が少ない、効果が期待できるということで、服用しています。

留意すべきこと

脂肪肝の治療法として確立しているものではないため、優先して行われるものではありません。

実際に感じた効果

毎日、血糖値を測定しながら、インスリン注射を行った。注射初日から効果が表れたと思う。現在は、缶日までは一体ないが、まあ低い状態
クリニックの専門の医師の先生により、処方して戴きました、脂肪肝用の処方薬を継続的に服用したところ、脂肪肝の症状が軽減されている診断を受けました。

副作用と対策

むくみ

まぶたや顔、からだにむくみがあらわれることがあります。

マッサージなどで血流の流れをよくしましょう。からだのむくみは心臓に負担がかかるので、重い場合には医師に相談しましょう。

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

副作用というよりも、注射する度に血管にきちんと針が届いていないようなうち方をされて、腫れがひかなかった、

費用

※現在調査中です

(ピオグリタゾンの使用の場合は保険が適用になります。)

実際にかかった費用

入院 20万円 薬剤 10万円
薬剤:2000円(1ヶ月分)

一般的な所要時間

長期の継続が必要となります。

適用される患者

進行性の非アルコール性脂肪肝の方で2型糖尿病を併発している方
※食事、運動療法で効果がみられず、インスリン抵抗性が推定されている場合に限ります。

下記の方は適用をさけましょう。
重篤な肝、腎機能障害がある方、妊娠中、または妊娠の可能性のある方

更新日:2015年08月13日

参照元:(日本消化器学会http://www.jsge.or.jp/citizens/yohgo/detail?type=zouki&pk=D75(閲覧日:2015年7月29日),病気が見える1消化器医療情報科学研究所メディックメディア2010年,肝・胆・膵疾患の治療と看護國分茂博田中彰子南江堂出版2006年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月29日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

インスリン抵抗性改善薬以外の治療法をさがす

インスリン抵抗性改善薬と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

インスリン抵抗性改善薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

インスリン抵抗性改善薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。